ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

進化、あるいは正当な変化

若手正統派ロックバンドの大本命としてここ数年認知されているが、その原型は言われるほどスタンダード足りえるバンドでは無かった気がする。百歩譲ってイケメンでないことは置いておくとしても、谷口鮪の声には独特のねちっこさがあったし、楽曲もポップではあるが泣きメロは比較的少ない。古賀隼斗のギターは主張している。2013年のサマソニを見た時点で、バンドサウンドは躍動していたが、大衆の心を掴むならもっと楽曲が引っ張っても良いと感じた。

『ランアンドラン』は、そんなカナブーンのいびつな甲殻がいつの間にか剥がれ落ちていたことを教えてくれる曲である。

声の粒立ちが良く綺麗。ギターはリバーブで綺麗。Bメロの譜割りと、サビのロングトーンには、谷口鮪が作曲家として自身の曲を自在にコントールできるようになってきていることを感じる。

結果的に、正統派の惹句にビシリと答える、見事にエバーグリーンな曲になっている。これが迎合ではなく、進化、あるいは正当な変化であること証明するのは難しい。それは彼らの今後の作品作りで分かってくるのだと思う。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • ランアンドラン

    KANA-BOON

    若手正統派ロックバンドの大本命としてここ数年認知されているが、その原型は言われるほどスタンダード足りえるバンドでは無かった気がする。百歩譲ってイケメンでないことは置いておくとしても、谷口鮪の声には独特のねちっこさがあったし、楽曲もポップではあるが泣きメロは比較的少ない。古賀隼斗のギターは主張している。2013年のサマソニを見た時点で、バンドサウンドは躍動していたが、大衆の心を掴むならもっと楽曲が引

  • ハッピーエンド

    back number

    Mr.Children、コブクロ。 わかる。わかるよ、清水依与吏。 back numberが先達から非常に強い影響を受けているのがわかる。 いや、影響という言い方は間違っているかもしれない。 それは、遺伝に近い。 ハッピーエンドは、ドラマティックなバラードである。 他のback numberのバラードと同じように。 日本人好みのメロディライン、切ない恋心の歌詞。 ストリング

  • Swan

    [Alexandros]

    なんでこんなに顔がかっこいいのか、という疑問に対して誰も何も答えてくれないバンドナンバーワン。 曲もかっこいい。電子ビートとフェイザー?感のある揺らしたボーカルによる淡々とした始まりからして、新参者のパブリックイメージの外側から攻めてくる。この感触はどこから引っ張ってきたアイデアなのか。ボーカルの録音とミックスが良いだけなのか。 ドラマティックなサビで泣かせるまでに至らず、すぐAメロに

  • 人間ビデオ

    ドレスコーズ

    偉大なバンドは磁場をつくる。 多くのリスナーを惹きつけるためだけの磁場ではない。簡単に言えば、フォロワーを生むということだ。 多くの場合、フォロワーバンドというやつは幾つかの類型に分けることができる。 最も一般的なのが、単なるマネだ。そこにオトナのマーケティングがある。この感じがウケる。ロジカルシンキングに長けた企業人は、スピーディーにトレンドをキャッチし、商品に反映させることができる。

  • セツナ

    サニーデイ・サービス

    曽我部恵一は紛れもないミュージシャンズミュージシャンズだ。先輩後輩問わず他のバンドマンや評論家に、曽我部恵一という人間はあまりに讃えられている。愛されすぎて逆に胡散臭いくらいだ。 同業者に愛されるにはいくつか理由がある。人柄もそうだろう。しかしそれよりも鍵になるのは、同じプロであってもなかなかマネできない、マネしようとしない音楽をやっていることだ。 他のミュージシャンに出来なくて、曽我

  • 恋人ができたんだ

    My Hair is Bad

    若々しい。イマドキの若者感、イマドキの恋愛感をどストレートに感じ取れる曲だ。 大衆文化は世相を反映する。とくに音楽はそうだ。 では、どんな大衆音楽が、世相を感じ取るのに向いている音楽なのだろうか。 メッセージ性のある社会派ロックだろうか。海外の最先端を捉えたヒップホップだろうか。インテリジェンスのあるシティポップだろうか。DIYなインディーパンクだろうか。 私は、若者が書いたラブソ

  • Ice Candy

    カフカ

    IceCandy、良いギターロックである。 突風のように蒼い轟音と疾走感。歌詞の断片のブライトな響き。 歪んだシングルコイル、ディレイ。気持ち良い。 ときは2000年代前半。 私たち日本生まれのゆとり第一世代は思春期に差し掛かり、ある遺伝子変革に遭遇したのだと思う。 ギターロックという本能の誕生である。 禁断の果実はBUMP OF CHICKENだったのだろうか。 あるい

ランアンドラン
ランアンドラン
posted with amazlet at 16.11.13
KANA-BOON
KRE (2016-01-20)
売り上げランキング: 92,126
TIME
TIME
posted with amazlet at 16.11.13
KANA-BOON
KRE (2015-01-21)
売り上げランキング: 19,529
×
  • KANA-BOONのシングル曲をリリース順 盛者必衰の理、お断り(1)→フルドライブ(3)→シルエット(5)→なんでもねだり(6)→ランアンドラン(8) by @QMA_GJ_bot

  • KANA-BOONも好きだ!ランアンドランとかね by @magic_abc

  • KANA-BOON「ランアンドラン」 https://t.co/nOgxTvELse by @fuhogexizupe

  • KANA-BOON「ランアンドラン」 https://t.co/EXrGvmZ5F1 by @japan_no_rock_

  • KANA-BOONも好きだ!ランアンドランとかね by @magic_abc

  • 2.ランアンドラン KANA-BOONでMVが1番好きな曲 20年前ぐらいの大学生の青春を想像しちゃう 私はこんな感じにどこか懐かしいって思う曲 by @kuromitsuwachi

  • 『ランアンドラン』KANA-BOON https://t.co/mDgH5hi9F5 by @famous_song_bot

  • KANA-BOONも好きだ!ランアンドランとかね by @magic_abc