ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

進化、あるいは正当な変化

若手正統派ロックバンドの大本命としてここ数年認知されているが、その原型は言われるほどスタンダード足りえるバンドでは無かった気がする。百歩譲ってイケメンでないことは置いておくとしても、谷口鮪の声には独特のねちっこさがあったし、楽曲もポップではあるが泣きメロは比較的少ない。古賀隼斗のギターは主張している。2013年のサマソニを見た時点で、バンドサウンドは躍動していたが、大衆の心を掴むならもっと楽曲が引っ張っても良いと感じた。

『ランアンドラン』は、そんなカナブーンのいびつな甲殻がいつの間にか剥がれ落ちていたことを教えてくれる曲である。

声の粒立ちが良く綺麗。ギターはリバーブで綺麗。Bメロの譜割りと、サビのロングトーンには、谷口鮪が作曲家として自身の曲を自在にコントールできるようになってきていることを感じる。

結果的に、正統派の惹句にビシリと答える、見事にエバーグリーンな曲になっている。これが迎合ではなく、進化、あるいは正当な変化であること証明するのは難しい。それは彼らの今後の作品作りで分かってくるのだと思う。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • 猫とアレルギー

    きのこ帝国

    猫である。そしてきのこである。テレキャスである。 ある種の人間はそれだけで何かに気づく。 あ、これ好きなヤツだ。と。 中堅監督が駆け出しの頃、地味な俳優陣と低予算なロケでとったモノローグの多い邦画。 きのこ帝国の持つ叙情性と、それへの親近感を言葉にするとき私はそれを思い浮かべた。 『猫とアレルギー』は、理性的でしっとりとしたロックバラードだ。 Aメロからいい具合に抑揚がきいたメ

  • Good New Times

    Gotch

    バンドマンのソロを聴くのは好きだ。 その人が、バンドとソロ、公と私をどのように分断するのか。 その境目をどの地点に置くか。音なのか、歌詞なのか。仕事と趣味なのか。 一番好きなジャンルと、二番目に好きなジャンルなのか。 それまでのバンド作品では、プライベートな音楽を鳴らしていたのか。 そうではなかったのか。 ソロ作品をリリースするとたくさんのことが見えてくる。 『Good

  • サニー

    黒猫チェルシー

    美しい女の子は正義だが、美しい男の子も正義だ。 コアな音楽性を気取るわりにいつだって洒脱な佇まいでいる彼らがあまり好きではなかったが、久しぶりに聴いてみればなんとも美しい若者たちだった。 その初期はどうも、出来杉君のようで気に入らなかった。ハタチにもならず映画デビューした渡辺大知。メンバー皆十代なのに、バンドの音楽性は、INUやスターリンに影響を受けたと言われている硬派なガレージパンク

  • ハイエース

    フラワーカンパニーズ

    フラカンといえば『深夜高速』。言葉の響きも格好良いし、夢、青春、音楽、自分のやりたいことを追求し、 "いやらしさも汚らしさも むきだしにして走っていく(ブルーハーツ)" ことの決意・道程を描いた歌詞は、青春の渦中にいる若者にも青春を終えた中年にも刺さる普遍性を持っている。日本のロックのスタンダード・ナンバーに数えられる名曲だと思う。 私が『深夜高速』を知ったのは10年以上前だった

  • ハッピーエンド

    back number

    Mr.Children、コブクロ。 わかる。わかるよ、清水依与吏。 back numberが先達から非常に強い影響を受けているのがわかる。 いや、影響という言い方は間違っているかもしれない。 それは、遺伝に近い。 ハッピーエンドは、ドラマティックなバラードである。 他のback numberのバラードと同じように。 日本人好みのメロディライン、切ない恋心の歌詞。 ストリング

  • Summer Soul

    cero

    上質だ。これぞ真の音楽好きが真の音楽好きに自信をもってレコメンドできる最高に上質でソフィスティケートされたジャンル越境ポップロックミュージックだ。 ベースが良い。 超聴こえる。 ベースを聴かせるバンドは大抵良いバンドだ。 ドラムが良い。 タムで刻み、金物をキーボードのように聴かせるバンドは大抵良いバンドだ。 テクニカルなのに、編曲に嫌味がない。 こういうのをズルいと言う。

  • めぐり逢えたら

    おとぎ話

    古い家具のようなギターの音色でドリーミーなアルペジオを組み立てる。 最後まで厚くならない音像に、盛り上がりに欠ける空虚なメロディが滑っていく。 独特な音楽は多々あれど、その独特さのベクトルにおいて有識者が認知できないような角度で『めぐり逢えたら』を繰り出すおとぎ話は、損極まりない。 新しいジャンルとの融合や、時代のアーキテクチャの有効活用は本当のところオリジナルでもなんでもない。進んでいる時

ランアンドラン
ランアンドラン
posted with amazlet at 16.11.13
KANA-BOON
KRE (2016-01-20)
売り上げランキング: 92,126
TIME
TIME
posted with amazlet at 16.11.13
KANA-BOON
KRE (2015-01-21)
売り上げランキング: 19,529
×
  • KANA-BOONも好きだ!ランアンドランとかね by @magic_abc

  • KANA-BOON「ランアンドラン」 https://t.co/xGaoWOAlOg by @japan_and_rock

  • KANA-BOONも好きだ!ランアンドランとかね by @magic_abc

  • #nowplaying ランアンドラン - KANA-BOON by @Itabashi_I17

  • KANA-BOONも好きだ!ランアンドランとかね by @magic_abc

  • KANA-BOONも好きだ!ランアンドランとかね by @magic_abc

  • KANA-BOONも好きだ!ランアンドランとかね by @magic_abc

  • RT @Origin1262: KANA-BOON階段 涙 街色 桜の詩 ぬけがら シルエット ストラテジー ランアンドラン スコールスコール ウォーリーヒーロー ロックンロールスター 日は落ち、また繰り返す 僕らはいつまで経ってもさ 彷徨う日々とファンファーレ by @nemuihonton

  • KANA-BOON階段 涙 街色 桜の詩 ぬけがら シルエット ストラテジー ランアンドラン スコールスコール ウォーリーヒーロー ロックンロールスター 日は落ち、また繰り返す 僕らはいつまで経ってもさ 彷徨う日々とファンファーレ by @Origin1262

  • ~のシングル曲をリリース順 ●SEKAI NO OWARI:INORI→眠り姫→RPG→炎と森のカーニバル→Dragon Night→ANTI-HERO ●KANA-BOON:盛者必衰の理、お断り→フルドライブ→シルエット→なんでもねだり→ランアンドラン by @QMA_GJ_bot