ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

ギターロックという本能

IceCandy、良いギターロックである。

突風のように蒼い轟音と疾走感。歌詞の断片のブライトな響き。
歪んだシングルコイル、ディレイ。気持ち良い。

ときは2000年代前半。
私たち日本生まれのゆとり第一世代は思春期に差し掛かり、ある遺伝子変革に遭遇したのだと思う。
ギターロックという本能の誕生である。

禁断の果実はBUMP OF CHICKENだったのだろうか。
あるいはMr.Childrenからすべては始まっていたのだろうか。


上記バンドを熱心に聴いていたか否かは実は重要ではない。iPodに入れてなくたって、空気感染のように、私たちの細胞に疾走ギターロックは刻まれていた。


養分たっぷりの大地に育った。
そんな印象だ。
満たされた僕たちの欠落、なんてのは安易すぎるモチーフではあるけれど、カフカの音楽にはそうした豊穣さにもとづいた説得力と感情の揺れがある。


サウンドだけではない。
ノーベル文学賞をボブ・ディランが受賞した件はまた別の話だが、邦楽ギターロックというジャンルには、よりざっくりしたイメージとしての文学の幻影がつきまとう。バンド名からして、カフカもその土壌に咲いている。そのルーツを厳密に辿るには別の機会を設けるとして、カネココウタが言葉やMVやその他このバンドを表象するあらゆるイメージで、組み上げたい世界観も真にこの邦楽ギターロック文学と言うべき系譜を受け継いでいる。


4つ打ちビートでフェスシーンを盛り上げるバンドたちが歩む道と比較するとカフカのそれは、より正道であり、オールディーだ。

その差異はもしかしたら重要かもしれない。
というのも、そのアイデンティティに、きっと双方があまり意識的でないのが今のバンドシーンだからだ。
それを強く意識したとき、初めて母体となるシーンの再検証と、バンドの次の闘いが始まる。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • カガミヨカガミ

    トライアンパサンディ

    ヘビーでポップでオルタナティヴ。曲が良い。トライアンパサンディの楽曲は粒ぞろいだ。それもそのはず、ボーカルのG-YUNcoSANDYは、GOLLBETTYとしてトイズファクトリーから若くしてメジャーデビューしている。 トライアンパサンディは、巷によくある、かわいくて格好良いバンドではないようだ。『カガミヨカガミ』での出だしのビターな歌メロのリフレイン、主張しすぎないギターリフ、声へのエフェク

  • BLINKSTONEの真実を

    BIGMAMA

    金井政人は非常にモチベーションの高い人間である。そして理想の高い人間である。 無理もない。この人は持てる者だ。 まず普通に顔が格好良い。 そして学がある。ポイントは最終学歴ではなく、付属高校から中央大学に進学していることだ。東京出身。私立の高校に進学できるだけの経済的余裕と、文化資本を備えた、いわゆる中流家庭の出身であると推察できる。 BIGMAMAの優美でクラシカルな世界観は

  • Swan

    [Alexandros]

    なんでこんなに顔がかっこいいのか、という疑問に対して誰も何も答えてくれないバンドナンバーワン。 曲もかっこいい。電子ビートとフェイザー?感のある揺らしたボーカルによる淡々とした始まりからして、新参者のパブリックイメージの外側から攻めてくる。この感触はどこから引っ張ってきたアイデアなのか。ボーカルの録音とミックスが良いだけなのか。 ドラマティックなサビで泣かせるまでに至らず、すぐAメロに

  • 夜空を全部

    sora tob sakana

    拝啓、オルタナティブ夏の夜。 東京の冬は寒いです。 2017年は特急列車のように過ぎ去ってゆきます。 星を見る間もなく、小さなiPhoneの画面上で繰り広げられる宇宙に私たちは喜怒哀楽を捧げるようになりました。夜空を全部束ねてみたら、いいねのひとつでも貰えるかもしれません。 あの頃とは何もかもが違いますね。しかし、それで良いのかもしれません。私たちはそのときどきに目の前を通

  • 自意識不明

    nervous light of sunday

    カオティックという言葉がある。 その言葉の選ばれ方において、カオティックと、カオスは全く別物である。 カオスは字義通り混沌の意味。 ジャンルレスであったり、特にそれが無秩序な印象につながっていたりすると人は、カオスな曲だ、と表現する。 他方、カオティックはむしろ秩序だ。 具体的には、スクリーモ、あるいはスクリーモ系のエモ、ハードコア、メタルコア、ミクスチャーロックなどを主戦場とするバ

  • あの娘のギターはタイムマシン

    円盤少女

    円盤少女の和田純次はめっちゃ良いメロディを書く。 ただただ良いメロディを書く。 それ以上でもそれ以下でもない。良いメロディを書く。 これ。きっとまだ世の中のほとんどの人は知らないと思うんだけど、私は声を大にして言いたい。この人の書くメロディは良い。 明るく切ない、日本の歌謡曲の正道を行く美しいメロディだ。 とてもベタで王道だ。 でも決して安易ではない。 あーあ。ってなりそ

  • ランアンドラン

    KANA-BOON

    若手正統派ロックバンドの大本命としてここ数年認知されているが、その原型は言われるほどスタンダード足りえるバンドでは無かった気がする。百歩譲ってイケメンでないことは置いておくとしても、谷口鮪の声には独特のねちっこさがあったし、楽曲もポップではあるが泣きメロは比較的少ない。古賀隼斗のギターは主張している。2013年のサマソニを見た時点で、バンドサウンドは躍動していたが、大衆の心を掴むならもっと楽曲が引

あいなきせかい
あいなきせかい
posted with amazlet at 16.11.19
カフカ
DAIZAWA RECORDS/UK.PROJECT (2016-09-07)
売り上げランキング: 5,928
Tokyo 9 Stories
Tokyo 9 Stories
posted with amazlet at 16.11.19
カフカ
UK.PROJECT (2015-09-09)
売り上げランキング: 41,562
×
  • 俺のトーキョーコーリング新宿 一言感想 ①ジョゼ➡︎思ったよりもロック ②カフカ➡︎思ったよりもダンス。Ice Candy良い曲。 ③phatmans after school➡︎めっちゃ歌上手い…後半のメロディアスな曲たちが好み。 ④ONIGAWARA➡︎楽しいライブ。卍最高。 by @iPod_of_Mine

  • 調整しながら何曲か歌ってくれてたので始まる前から既に会場は温まってたし、一旦ステージからカフカが出ていくタイミングで「前に詰めてください!」ってスタッフさんが言ってたのじーんとした、嬉しかった。「Ice Candy」聞くと夏の思い出⇒ #TOKYOCALLING2017 #カフカ by @tmm_kjfb

  • 何だろ。今までほんとかっとばしてきたツケはでかい。世の中の恋の歌を読んだ所で、その思いは分からない。カフカのICE Candyぐらいわかりやすかっらいいのに。あの曲はほんま、名曲ですわ。 by @tms_hrky

  • カフカ - Ice Candy(MV) https://t.co/fa0likgPT4 @YouTubeさんから by @morungoh

  • カフカ/Ice Candy 最近よく聞いてます。 https://t.co/cI5URdJuo9 by @uronya_

  • カフカ - Ice Candy(MV) https://t.co/rtXCQiLfYP by @ruby_crackon

  • 今日は、渋谷 club乙-kinoto-へ。カフカ、とても、楽しかった。KFKのテーマからで、これでこそ今のカフカ。Ice Candy、ニンゲンフシンと続き、深みのある音、アグレッシブな演奏。本当、皆、楽しそうで、何より。個人的には、彼女は海での雰囲気がいい感じで、よかったな。 by @RIE_KANEKO

  • カフカ - Ice Candy(MV) 夏に聴きたい曲 https://t.co/UkVgFjgIDH by @OPTICALSSF

  • 東京の空を見上げたって 天の川なんてなかったの もう飽きたの摂氏30度 お別れなら伝えてよ カフカ :Ice Candy by @noraneko_do_ne