ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

ANOTHER STARTING LINEHi-STANDARD

キッズとメロコアの様式美

メロコアと言われる音楽が持つポップ感ってわりと様式美的なものがあって、どんなにメロディックであろうと刺さらない人には全く刺さらなかったりする。かく言う私も、メロコアを聴くときは、「あーメロコアのメロコア感気持ち良いー」的なチャネルが活性化されている状態に無意識に合わせているもので、言うなればそれは一種の敷居だったりする。

『ANOTHER STARTING LINE』がスゴく良かったのは、メロコアの様式美に確信犯的に倣っていながら、それに楽曲が全く依存していなかったことだ。

もしかしたらこの言い方は正しくないかもしれない。
事実、『ANOTHER STARTING LINE』の武器は間違いなくメロコアのハーモニーであり、メロコアのコーラスであり、メロコアの歪みであり、メロコアのブリッジミュートであり、メロコアのビートだ。その意味で、その構成要素は何から何までおなじみのもので出来ている。

しかし次のような明白な差異もある。
Aメロ、Bメロ、サビ、Aメロ、Bメロ、サビ、間奏、Bメロ、サビ。

『ANOTHER STARTING LINE』は構成が明確だ。
そして、メロディがロングトーンだ。

私が初めて、Hi-STANDARDを知ったのは『My First Kiss』だった。
御存知の通りこの代表曲はカバー曲だ。彼らの本来の持ち味は『Stay Gold』に代表される、もっともっと性急でタイトな譜割り、ストイックな曲構成、ビューティーになりすぎないハッピーなメロディにある。

『ANOTHER STARTING LINE』で思い出した非メロコア的な普遍性は『My First Kiss』だった。


メンバーが口に出しているかは分からないが、90年代のパンクシーンを通過した人々が共通して使う言葉がある。
「キッズ」だ。90'パンクの人たちは、イノセントでピースフルなアティチュードとして、キッズという言葉を大切にしている。

『ANOTHER STARTING LINE』が持ち合わせて"いない"のは「キッズ」なのだと思う。逆説的に次のことが言える。キッズの音楽のアイデンティティとなっているのは上記三つの要素、性急でタイトな譜割り、ストイックな曲構成、ビューティーになりすぎないハッピーなメロディなのだ。

大人になったHi-STANDARDのなにが評価できるって、それは「キッズ」に固執しなかったことだ。パンクは年齢に宿る魔法ではない。当たり前のことだが、誰よりもHi-STANDARDがそれを実践したことは、私たちにとって堪らなく心強い。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • Fall

    told

    「最近の若手には骨のあるやるがいないんです」 「あんたは春になるといつもそう言うな。新入りってのはな、朝顔みたいなものなんだよ」 「アサガオ?」 「ああ。アサガオだ。芽が出るまではとにかく水をやることだけ考えていれば良い。支柱をたててこっちが望む方向にツルを巻いてもらうのはそのあとの話だ」 「なるほど。おやじさんの言うことはやはり含蓄が違う」 「お代はまけないよ」 「わかってますって。

  • Ride My Car

    The ManRay

    ロックバンドがロックしかしない。それって結構珍しい。 The ManRayはそんなバンドだ。 だから安心して聴ける。 メロウにもオシャレにもギャグにもヤケクソにもならず、ひたすらロックが聴ける。 それはとても幸せで、とても稀有なことだったのだとThe ManRayを聴いて思った。 良い意味で、楽曲に楽器が奉仕していない。 ベースとドラムとギターが独立した距離感で立ち回り、そのための

  • あの娘のギターはタイムマシン

    円盤少女

    円盤少女の和田純次はめっちゃ良いメロディを書く。 ただただ良いメロディを書く。 それ以上でもそれ以下でもない。良いメロディを書く。 これ。きっとまだ世の中のほとんどの人は知らないと思うんだけど、私は声を大にして言いたい。この人の書くメロディは良い。 明るく切ない、日本の歌謡曲の正道を行く美しいメロディだ。 とてもベタで王道だ。 でも決して安易ではない。 あーあ。ってなりそ

  • STAY YOUNG

    THE SENSATIONS

    インターネット上の「次はこのバンドがくる!」なんて記事はすべて面白くない。バラエティ番組では、面白い発言にテロップがつくのではなくテロップをつけることでそれが面白いことであると決まっていくように、若手バンドのフィーチャー記事の背後を辿れば、そのバンドが既に選ばれているという事実にブチ当たる。 次のバンドとして選ばれたバンドは、永久機関になったビリヤードのように玉突きと補充の対象になる。

  • 恐怖の大王

    人間椅子

    「日本語ロック」という言葉がある。 はっぴいえんどが開拓を進め、サザンオールスターズ、RCサクセション、ブルーハーツが各々の方法論で完成させたソレだ。 その言葉はいまでは廃れ、代わりに若い音楽ファンに親しまれているのは「邦楽ロック」だ。 日本でロックをやること。かつては、それ自体が事件であり挑戦だった。 いまはどうか。幸福なことに日本でロックは可能であることが証明されたと思う。それ

  • Make a song

    パンクロッカー労働組合

    いまどきこんな純度の高いなハードコアバンドがいたとは。 シンプルなリフが良い。 結局グッドメロディじゃないか、みたいな甘っちょろいところが無いのが良い。 こんなバンドに対してあえて言いたいが、パンクロッカー労働組合はとても音楽的である。 激しいだけの音楽ならいくらでも生まれうる世の中で、本当の激情はヤケクソの絶叫や衝動の雑な発散ではなく、ゾクゾクするリフや、それと丁寧に一体

  • セツナ

    サニーデイ・サービス

    曽我部恵一は紛れもないミュージシャンズミュージシャンズだ。先輩後輩問わず他のバンドマンや評論家に、曽我部恵一という人間はあまりに讃えられている。愛されすぎて逆に胡散臭いくらいだ。 同業者に愛されるにはいくつか理由がある。人柄もそうだろう。しかしそれよりも鍵になるのは、同じプロであってもなかなかマネできない、マネしようとしない音楽をやっていることだ。 他のミュージシャンに出来なくて、曽我

ANOTHER STARTING LINE
ANOTHER STARTING LINE
posted with amazlet at 16.11.28
Hi-STANDARD
ピザ・オブ・デス・レコーズ (2016-10-05)
売り上げランキング: 222
メイキング・ザ・ロード
Hi-STANDARD
PiZZA OF DEATH RECORD (1999-06-30)
売り上げランキング: 2,685
×
  • ハイスタいいなぁ。うむ、これ聴いて寝る! Hi-STANDARD / ANOTHER STARTING LINE https://t.co/kTLieHSMQW by @buritomo

  • RT @hirokin_o131: #nowplaying: "ANOTHER STARTING LINE" by Hi-STANDARD https://t.co/FuT1mXFxpX by @Alexandr_Russo

  • #nowplaying: "ANOTHER STARTING LINE" by Hi-STANDARD https://t.co/FuT1mXFxpX by @hirokin_o131

  • ANOTHER STARTING LINE / Hi-STANDARD #nowplaying https://t.co/ylbH8nz0R1 by @akira_0106

  • #前向きになれる曲 は、<Another starting line / Hi-STANDARD> ツイート& @Jwave813fmをフォローで #クリスマスボックス に参加! #jwave https://t.co/e2NjqzbSqK by @sukonbu825rky

  • #Nowplaying ANOTHER STARTING LINE - Hi-STANDARD https://t.co/QJKBBZ82KR by @cassis_orange00

  • #nowplaying ANOTHER STARTING LINE - HI-STANDARD in UBiO https://t.co/cJyRmsUGjP https://t.co/ndIvO5zQ3N by @keikoukou

  • Hi-STANDARD 「ANOTHER STARTING LINE」 https://t.co/FOl1bl25Up by @pikki1703