ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

ミスチル地蔵と奈々様

アニソン界の覇権を握ったまま長いが、そのボーカルスタイルはアニメ声とは程遠い。当初から、声優ではなく本格的な歌手を志していた背景からして後続とは一線を画している。

『STARTING NOW!』はストイックでハードなロックサウンドがかっこいい。
水樹奈々の十八番といえるこのスタイル。無論、歌唱技術には余裕しか感じない。
ハードロック出自のヘヴィーな楽器隊とポップなボーカルの対比は、Judy and Maryを彷彿とさせるけど、良い意味でのそのギャップは彼ら以上だろう。


コールアンドレスポンスを意識したサビ。
青空とエアプレーンのスポーティーなPV。バンド感。
どんな曲をやってもトータルの演出クオリティがブレないのは本人の実力以上のチームの強さを感じる。

音楽に全く詳しくないのに、昔から水樹奈々のCDだけはからなず発売日に買っている友人がいる。
きっとこの国には彼のようなファンが沢山いるのだと思う。
思えば、良いバンドも得てしてそういうものだ。サマーソニックにMr.Childrenが出演したとき、他バンドの出演時間からステージの最前列に陣取り、その上演奏中のバンドに全く関心を示さない「ミスチル地蔵」が話題になった。

良き音楽ファンにだけ愛されるアーティストは、圧倒的多数の心をつかめない。
多くの、音楽好きが陥る罠だ。発言力のある玄人に目配せしすぎて魅力の干からびたアーティスト崩れは、スターの後ろに屍のように積み重なっている。

水樹奈々は、Mr.Children同様、規格外の求心力を持ち、非音楽ファンの心に音楽ではなく自分自身の居場所をつくることを選んだ、本物の音楽家なのだと思う。

水樹奈々楽曲のバリエーションはもちろんハードロックサウンドだけではない。
シンセサウンドのテクノポップや、民族調の世界観など得意分野の振り幅もなかなかである。
近年見直されつつある、エンターテイメントショーとしてのライブ力も、国内トップアイドルのそれに比肩すると個人的には思っている。

良いアーティストを聴く楽しみは、キャリアを通して聴くことにある。
成長、変化、拡散、取捨選択、拡大、縮小、天然、作為、試行錯誤。音楽性の変遷はひとつなぎの物語であり、音楽史の縮図だ。その意味で、水樹奈々のキャリアを一気通貫で遊ぶのは、音楽リスナーとしてとても恵まれた成長ができる。
加えて、水樹奈々のキャリアにはアニメ、ゲーム界への橋渡しもあるわけで、件の友人が人生をかけて水樹奈々を中心とした世界に満たされている理由に私はとても納得できる。良い音楽は青春時代のBGMではない。ライフワークとしての器があるのだ。私は彼が心底羨ましい。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • スポーティパーティ

    ウルフルズ

    つくづくバンドはボーカルが持っていくのだなと思う。 このバンド。年季の入った本格ファンクサウンドなのに、トータス松本に華がありすぎて損してる。 リフレインする"スポーティパーティ"のバックトラックのリフを聴いて欲しい。 なんてダーティーなんだろう。 単体でも成立するほどに太く、確実に前進する立体的なドラム。 そのドラム戦車をこれまたごんぶとの手綱で後ろにひっぱってしまうベース。 そ

  • サママ・フェスティバル!

    Mrs. GREEN APPLE

    ハイトーンヴォイス。童顔。リードを分け合うソロ。裏声。カラフルなMV。子供。目線。ダンス。メンバーのダンス。子供のダンス。サンサン太陽。ギラギラ浴びて。イェイイェイイェ。ハタチでのメジャーデビュー。 このバンドの青写真を最初に思い描いたのは、誰なのだろうか。バンド自身なのか、フロントマン大森元貴なのか、テアトルアカデミーなのか。 所属事務所のテアトルアカデミーが、主にタレントの養成を行

  • 猫とアレルギー

    きのこ帝国

    猫である。そしてきのこである。テレキャスである。 ある種の人間はそれだけで何かに気づく。 あ、これ好きなヤツだ。と。 中堅監督が駆け出しの頃、地味な俳優陣と低予算なロケでとったモノローグの多い邦画。 きのこ帝国の持つ叙情性と、それへの親近感を言葉にするとき私はそれを思い浮かべた。 『猫とアレルギー』は、理性的でしっとりとしたロックバラードだ。 Aメロからいい具合に抑揚がきいたメ

  • 生きていたんだよな

    あいみょん

    あいみょんは、影のある少年のような声をしている。あいみょんの最大の個性は、ハイパフォーマンスなこの声にある。尖った強いエゴや、その奥で守られている心の震えを、言葉を乗せずとも伝えてしまう蒼い声だ。 アコースティックギターのストロークよりもスピーディーに畳み掛けるメロディは、声の次に独特だ。野狐禅の竹原ピストルに似ていると指摘されているが正しいと思う。フォークの流儀だ。声質も相まってすこぶる気

  • さよならスカイライン

    ラッキーオールドサン

    圧倒的に聴きやすいのに圧倒的に独自性に満ちている。 あなたが古き良き温かい時代に生まれずに、絶望ばかりのこんな時代に生きていることを恨んでいるのなら、 あるいは、 失われた青春時代の自分から、今の自分はどうしてここまでかけ離れてしまったのかと嘆いているのなら、 あなたが聴くべき音楽は、 あなたにとっての懐メロではなく、 ラッキーオールドサンだ。 ラッキ

  • ソレデモシタイ

    平井 堅

    平井堅がただ顔の濃いだけのボーカリストでないことは、きっとそれなりに知られている。純粋なる歌唱技術はもちろんのこと、味わいという意味でのボーカルワークも、サウンドメイカーとしてのバリエーションも、そしてチャーミングなユーモアも、ファン以外にも広く認知され、リスペクトを込めてあたたかくその活動が受け入れられている。 平井堅のそういった多様な側面の中でも、彼の存在感を一際輝かせている要素が、性へ

  • ラストシーン

    いきものがかり

    私事ですが、父が『いきものがかり』を好きなようだ。 70年代に10代の大半をすごし、EAGLESの大ファンを自認する古き良きロックオヤジである父だが、根っこはミーハーな人間で、ここ十年弱は家族の誰よりもAKBに詳しい日々を過ごしている。けなげな女の子に騙されるタイプのようで、例によって吉岡聖恵の素朴な佇まいにやられた口だ。PVのストーリー、吉岡聖恵、ブレス、裏声、ストリングス、吉岡聖恵、練られた

STARTING NOW!
STARTING NOW!
posted with amazlet at 16.11.28
水樹奈々
キングレコード (2016-07-13)
売り上げランキング: 6,880
NEOGENE CREATION(通常盤)
NEOGENE CREATION(通常盤)
posted with amazlet at 16.11.28
水樹奈々
キングレコード (2016-12-21)
売り上げランキング: 1,307
×
  • RT @kami_anison3: この美術部には問題がある! 「STARTING NOW!」水樹奈々 https://t.co/zM6QT39GWD by @RYO08698131

  • #nowplaying STARTING NOW! 44.1kHz/16bit by 水樹奈々 on #onkyo #DP_X1A https://t.co/E1hzPKp3Iv by @philip_right

  • #nowplaying STARTING NOW! - 水樹奈々 https://t.co/JFhiWMf7XT by @Yutaro_rabbit

  • 水樹奈々 STARTING NOW! 【ふみちゃん】 https://t.co/3tDr0I39kR この人の動画めちゃくちゃ好きなんだけど・・・ここのスタジオ・・・知ってるぞ・・・ by @y_k12_303

  • RT @milbk_anisei: [この美術部には問題がある]OP STARTING NOW!/水樹奈々 https://t.co/aD0mWkCfNv by @k_sna00212

  • 7月13日(水)リリースの水樹奈々34thシングル「STARTING NOW!」より収録曲が解禁。カップリング曲「恋想花火」は本人出演のなか卯テレビCMソング https://t.co/3J4i0hXG0T https://t.co/RBuOE0RlRJ by @sougo06

  • Title : STARTING NOW! / Artist : 水樹奈々 #この曲を聴いてるらしい by @Fiol_E00

  • [STARTING NOW!](水樹奈々) iTunes : Amazon : #tokyofm #聴いてたらRT by @tokyo__fm

  • 涙腺崩壊 #nowplaying 恋想花火 by 水樹奈々 - STARTING NOW! https://t.co/F3a4ZVrEjA by @bsbsver_2

  • #Nowplaying 恋想花火 - 水樹奈々 (STARTING NOW!) 永the眠 https://t.co/BP5d9ue8xa by @ART_______GOD