ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

ミスチル地蔵と奈々様

アニソン界の覇権を握ったまま長いが、そのボーカルスタイルはアニメ声とは程遠い。当初から、声優ではなく本格的な歌手を志していた背景からして後続とは一線を画している。

『STARTING NOW!』はストイックでハードなロックサウンドがかっこいい。
水樹奈々の十八番といえるこのスタイル。無論、歌唱技術には余裕しか感じない。
ハードロック出自のヘヴィーな楽器隊とポップなボーカルの対比は、Judy and Maryを彷彿とさせるけど、良い意味でのそのギャップは彼ら以上だろう。


コールアンドレスポンスを意識したサビ。
青空とエアプレーンのスポーティーなPV。バンド感。
どんな曲をやってもトータルの演出クオリティがブレないのは本人の実力以上のチームの強さを感じる。

音楽に全く詳しくないのに、昔から水樹奈々のCDだけはからなず発売日に買っている友人がいる。
きっとこの国には彼のようなファンが沢山いるのだと思う。
思えば、良いバンドも得てしてそういうものだ。サマーソニックにMr.Childrenが出演したとき、他バンドの出演時間からステージの最前列に陣取り、その上演奏中のバンドに全く関心を示さない「ミスチル地蔵」が話題になった。

良き音楽ファンにだけ愛されるアーティストは、圧倒的多数の心をつかめない。
多くの、音楽好きが陥る罠だ。発言力のある玄人に目配せしすぎて魅力の干からびたアーティスト崩れは、スターの後ろに屍のように積み重なっている。

水樹奈々は、Mr.Children同様、規格外の求心力を持ち、非音楽ファンの心に音楽ではなく自分自身の居場所をつくることを選んだ、本物の音楽家なのだと思う。

水樹奈々楽曲のバリエーションはもちろんハードロックサウンドだけではない。
シンセサウンドのテクノポップや、民族調の世界観など得意分野の振り幅もなかなかである。
近年見直されつつある、エンターテイメントショーとしてのライブ力も、国内トップアイドルのそれに比肩すると個人的には思っている。

良いアーティストを聴く楽しみは、キャリアを通して聴くことにある。
成長、変化、拡散、取捨選択、拡大、縮小、天然、作為、試行錯誤。音楽性の変遷はひとつなぎの物語であり、音楽史の縮図だ。その意味で、水樹奈々のキャリアを一気通貫で遊ぶのは、音楽リスナーとしてとても恵まれた成長ができる。
加えて、水樹奈々のキャリアにはアニメ、ゲーム界への橋渡しもあるわけで、件の友人が人生をかけて水樹奈々を中心とした世界に満たされている理由に私はとても納得できる。良い音楽は青春時代のBGMではない。ライフワークとしての器があるのだ。私は彼が心底羨ましい。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • カガミヨカガミ

    トライアンパサンディ

    ヘビーでポップでオルタナティヴ。曲が良い。トライアンパサンディの楽曲は粒ぞろいだ。それもそのはず、ボーカルのG-YUNcoSANDYは、GOLLBETTYとしてトイズファクトリーから若くしてメジャーデビューしている。 トライアンパサンディは、巷によくある、かわいくて格好良いバンドではないようだ。『カガミヨカガミ』での出だしのビターな歌メロのリフレイン、主張しすぎないギターリフ、声へのエフェク

  • RE-FAURÉ

    Jessica × Mizuha Nakagawa × Prefuse73

    クラシック音楽を聴きたい人はたくさんいると思う。 いや、大人なら誰もが一度は「聴こうとした」ことがあると思う。 クラシック音楽は、格好良い。 尊敬される、良質な趣味だ。 日常生活に、クラシック音楽がある。不思議なことにただそれだけで、その日から人生が豊かになってくれそうな気がしてくる。 果たして。 そのようにしてクラシック音楽に触手を伸ばした彼らはその後どうなったか。 Y

  • 最&高

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    楽しいながらも落ち着きのある普通に良い曲。サビは「さぁいえんこぅ!」の語感一発で、こてこてになりがちなジャンルの中で逆に整然としたものを感じる。青文字系という文脈抜きにきゃりーぱみゅぱみゅは語れないが、この曲では"泣かない負けないうろたえない 宴会じみてる毎日に"という歌詞にその世界観がギュウギュウに詰まっている。 ゴールを設定しそこに積み上げる毎日を丁寧に暮らすのではなく、宴会じみてる毎日

  • 猫とアレルギー

    きのこ帝国

    猫である。そしてきのこである。テレキャスである。 ある種の人間はそれだけで何かに気づく。 あ、これ好きなヤツだ。と。 中堅監督が駆け出しの頃、地味な俳優陣と低予算なロケでとったモノローグの多い邦画。 きのこ帝国の持つ叙情性と、それへの親近感を言葉にするとき私はそれを思い浮かべた。 『猫とアレルギー』は、理性的でしっとりとしたロックバラードだ。 Aメロからいい具合に抑揚がきいたメ

  • Be Noble

    ぼくのりりっくのぼうよみ

    音楽業界という謎の機関による絶賛を除いて、「ぼくのりりっくのぼうよみ」が絶賛されているところを見たことがない。 いきなり口がわるく申し訳ないがぼくはそう思う。 ただ、ぼくにとって音楽業界という謎の機関は、芸能関係者という謎の関係者と同じくらい情報に通じているという認識なので、ぼくは絶大な信頼を置いている。 だから、ぼくは「ぼくのりりっくのぼうよみ」を全面的に信頼している。もしも「ぼく

  • STARTING NOW!

    水樹奈々

    アニソン界の覇権を握ったまま長いが、そのボーカルスタイルはアニメ声とは程遠い。当初から、声優ではなく本格的な歌手を志していた背景からして後続とは一線を画している。 『STARTING NOW!』はストイックでハードなロックサウンドがかっこいい。 水樹奈々の十八番といえるこのスタイル。無論、歌唱技術には余裕しか感じない。 ハードロック出自のヘヴィーな楽器隊とポップなボーカルの対比は、Jud

  • さよならスカイライン

    ラッキーオールドサン

    圧倒的に聴きやすいのに圧倒的に独自性に満ちている。 あなたが古き良き温かい時代に生まれずに、絶望ばかりのこんな時代に生きていることを恨んでいるのなら、 あるいは、 失われた青春時代の自分から、今の自分はどうしてここまでかけ離れてしまったのかと嘆いているのなら、 あなたが聴くべき音楽は、 あなたにとっての懐メロではなく、 ラッキーオールドサンだ。 ラッキ

STARTING NOW!
STARTING NOW!
posted with amazlet at 16.11.28
水樹奈々
キングレコード (2016-07-13)
売り上げランキング: 6,880
NEOGENE CREATION(通常盤)
NEOGENE CREATION(通常盤)
posted with amazlet at 16.11.28
水樹奈々
キングレコード (2016-12-21)
売り上げランキング: 1,307
×
  • #NowPlaying STARTING NOW! / 水樹奈々 STARTING NOW! STARTING NOW!! 開拓の声明 STARTING NOW! STARTING NOW!! 身体中感じて 自分を信じた者だけ… https://t.co/VnFk8pZ6hF by @aoitakanashi191

  • #なうぷれいんぐ STARTING NOW! - 水樹奈々 / STARTING NOW! https://t.co/fxSwEMPXlN by @k0moLying_532

  • Mitsukiさんに今日おすすめな水樹奈々さんの楽曲は「Dear Dream」と「STARTING NOW!」です♪ これを聴いて、今日も1日、かかってこーい!! #水樹奈々おすすめ楽曲 https://t.co/5fvYIwRgEX by @Mitsuki22104424

  • #NowPlaying STARTING NOW! / STARTING NOW! / 水樹奈々 たまに奈々様も聞くよ by @noinote

  • 水樹奈々「STARTING NOW!」🎵🎵🎵 https://t.co/K5ehxluQpc by @new_kthalobe

  • RT @e_now31: STARTING NOW!/水樹奈々 も欲しいです。。 #アニフラリクエスト by @garfil1059_djk

  • STARTING NOW!/水樹奈々 も欲しいです。。 #アニフラリクエスト by @e_now31

  • STARTING!だったら家に30枚ぐらいある水樹奈々のSTARTING NOW!のCDを現場で無料配布します #宮野真守ツアータイトル賭博 by @suwakoishi