ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

ディナーショーとハイトーン

ドラマ主題歌として書き下ろしの曲。
線の細いフォーク歌手であった往年のイメージからすると、出だしから、重厚なストリングスとピアノの光沢にいささか面食らう。

AKB48の指原莉乃が自身の誕生日にディナーショーを開催して話題になった。さすがの彼女も当日はドレスアップしており、日本歌謡史のスタンダードナンバーを中心に据えたセットリストはディナーショーに相応しい、フォーマルな仕上がりだったようだ。

そう、ディナーショーとはそういうものなのだ。
『夢見る人』のソングライティングと編曲には、さだまさしが長年のディナーショーで、身につけた"フォーマル"が顔を出していると感じた。

MVでの上品なスーツ姿もそうだろう。
40年ついてきた女性ファンも歳をとった。
ファンたちを想いを汲み取り、壮年男性として目指すべき格好良さを探ったさだまさしが出した答えは、「やさしいスーツの日本のおじさん」を極めるところにあったのかもしれない。みすぼらしさすら強みに変えた青年の頃とは大きく変わったのだ。

変わったと言えば、次の歌詞に注目したい。

"愛するとは 夢見ること
愛しき人

愛するとは 信じること
夢見る人"

なんて無害で抽象的だろうか。
その具体的すぎるディティールが衝撃を与えた『関白宣言』や、

"あなたの愛した母さんの
今夜の着物は浅黄色
わずかの間に年老いて 寂しそうです"

と、あえて心に切り込むことでハッとさせた『精霊流し』などの代表曲と比べると、ピントがずいぶんとぼんやりしている。

それは、もしかしたら、愛はディティールで語れるものではない、という紆余曲折の末のひとつの悟りなのかもしれない。という読みはきっと好意的にすぎる。彼に限らず多くのアーティストにおいて、キャリアを積むに従って歌詞がシンプルになっていく傾向は見て取ることが出来る。しかし、さだまさしのそれは端から端への極端な転向であり、とても興味深いものがある。

それでは逆に、変わっていないところはなんだろうか。

中性的なハイトーンヴォイスがそれだろう。曲作りにおいても、それを全開に活かせるように構築しているのが見て取れる。そのイメージを崩さないことへのこだわりと意地を随所に感じられるのは、それが「やさしさ」という彼の歌のもう一つのキーワードを支えるものになっているからだ。

中性的ハイトーンヴォイスといえば、草食系ロックバンド隆盛の21世紀において、多くのバンドが武器にしているものだ。その元祖がここにあるのだから、若手は、さだまさしという歳のとり方を見ておくと良いのかもしれない。失うもの、残ったもの、固執したもの、変わらなかったもの。表舞台でキャリアを積むというのは、一番良いときのままではいられないということだ。無常への意識はいつだって、素敵な音楽をやれているかどうか、を分かつ岐路において、良い緊張感に変わってくれるものだと思う。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • ソレデモシタイ

    平井 堅

    平井堅がただ顔の濃いだけのボーカリストでないことは、きっとそれなりに知られている。純粋なる歌唱技術はもちろんのこと、味わいという意味でのボーカルワークも、サウンドメイカーとしてのバリエーションも、そしてチャーミングなユーモアも、ファン以外にも広く認知され、リスペクトを込めてあたたかくその活動が受け入れられている。 平井堅のそういった多様な側面の中でも、彼の存在感を一際輝かせている要素が、性へ

  • 夢見る人

    さだまさし

    ドラマ主題歌として書き下ろしの曲。 線の細いフォーク歌手であった往年のイメージからすると、出だしから、重厚なストリングスとピアノの光沢にいささか面食らう。 AKB48の指原莉乃が自身の誕生日にディナーショーを開催して話題になった。さすがの彼女も当日はドレスアップしており、日本歌謡史のスタンダードナンバーを中心に据えたセットリストはディナーショーに相応しい、フォーマルな仕上がりだったようだ。

  • 生きていたんだよな

    あいみょん

    あいみょんは、影のある少年のような声をしている。あいみょんの最大の個性は、ハイパフォーマンスなこの声にある。尖った強いエゴや、その奥で守られている心の震えを、言葉を乗せずとも伝えてしまう蒼い声だ。 アコースティックギターのストロークよりもスピーディーに畳み掛けるメロディは、声の次に独特だ。野狐禅の竹原ピストルに似ていると指摘されているが正しいと思う。フォークの流儀だ。声質も相まってすこぶる気

  • セツナ

    サニーデイ・サービス

    曽我部恵一は紛れもないミュージシャンズミュージシャンズだ。先輩後輩問わず他のバンドマンや評論家に、曽我部恵一という人間はあまりに讃えられている。愛されすぎて逆に胡散臭いくらいだ。 同業者に愛されるにはいくつか理由がある。人柄もそうだろう。しかしそれよりも鍵になるのは、同じプロであってもなかなかマネできない、マネしようとしない音楽をやっていることだ。 他のミュージシャンに出来なくて、曽我

  • さよならスカイライン

    ラッキーオールドサン

    圧倒的に聴きやすいのに圧倒的に独自性に満ちている。 あなたが古き良き温かい時代に生まれずに、絶望ばかりのこんな時代に生きていることを恨んでいるのなら、 あるいは、 失われた青春時代の自分から、今の自分はどうしてここまでかけ離れてしまったのかと嘆いているのなら、 あなたが聴くべき音楽は、 あなたにとっての懐メロではなく、 ラッキーオールドサンだ。 ラッキ

  • 恋をしたのは

    aiko

    aikoはメロディとコードが面白い。 それはよく言われていることだ。 『恋をしたのは』はコンセプチュアルなロングトーンや、イレギュラーな展開を取り入れた曲だ。一度きりの大サビのために、aikoは確信犯的に楽曲をセーブしている。遊んでいるなあと思う。曲で。とても実験的な曲だが、それをポップスとして組み立てる接着剤になっているのは、変幻自在なコード感とそれに溶け込んだメロディだ。aikoのメロ

  • SUN

    星野 源

    オザケン?ホーンセクションを使いこなし、ロックのパッションでエンターテイメントに仕上げる塩顔の文化人。ケレン味への美学も共通点。しかし、そのキャリアは長く、芸風はあのオザケンよりも幅広いようだ。 するっと入ってくるポップスなのに、そのまますり抜けていかず残っている。ゴリゴリのベースや、隠し味のノイズ、ボトムの強いリズム、良い男声、もしかしたらアートなMVも一役買っているかもしれない。ちゃんと

風の軌跡
風の軌跡
posted with amazlet at 16.11.30
さだまさし
ユーキャン (2015-07-08)
売り上げランキング: 25,663
天晴~オールタイム・ベスト~
さだまさし
ユーキャン (2013-06-26)
売り上げランキング: 784
×
  • 癌で亡くなった同僚が私がさだまさしファンと知っていて、闘病生活をしていたある日メールをくれた。「夢見る人」を聴いて頑張ろうと思っている。とても素敵な歌だと。私の音楽の種は、こういう所にあるのだなぁ♪。音楽は、人生を豊かにする☆https://t.co/XIlPMZJ43L by @netarasaigo

  • RT @kennoguchi0821: 偶然にもさだまさしさんと。ビックリ。初対面でしたがさだまさしさんから「や〜野口さん!」とお声がけ頂きまたまたビックリ! 高校時代からずっとさだまさしさんの曲を聴き続けてきましたから!「風に立つライオン」「防人の歌」。そして最近では「夢見る… by @hokuhokuimoko

  • RT @kennoguchi0821: 偶然にもさだまさしさんと。ビックリ。初対面でしたがさだまさしさんから「や〜野口さん!」とお声がけ頂きまたまたビックリ! 高校時代からずっとさだまさしさんの曲を聴き続けてきましたから!「風に立つライオン」「防人の歌」。そして最近では「夢見る… by @ja31o99998_hiro

  • RT @kennoguchi0821: 偶然にもさだまさしさんと。ビックリ。初対面でしたがさだまさしさんから「や〜野口さん!」とお声がけ頂きまたまたビックリ! 高校時代からずっとさだまさしさんの曲を聴き続けてきましたから!「風に立つライオン」「防人の歌」。そして最近では「夢見る… by @pecopekopeco

  • RT @kennoguchi0821: 偶然にもさだまさしさんと。ビックリ。初対面でしたがさだまさしさんから「や〜野口さん!」とお声がけ頂きまたまたビックリ! 高校時代からずっとさだまさしさんの曲を聴き続けてきましたから!「風に立つライオン」「防人の歌」。そして最近では「夢見る… by @ojyou3sakura

  • RT @kennoguchi0821: 偶然にもさだまさしさんと。ビックリ。初対面でしたがさだまさしさんから「や〜野口さん!」とお声がけ頂きまたまたビックリ! 高校時代からずっとさだまさしさんの曲を聴き続けてきましたから!「風に立つライオン」「防人の歌」。そして最近では「夢見る… by @fumixt

  • RT @kennoguchi0821: 偶然にもさだまさしさんと。ビックリ。初対面でしたがさだまさしさんから「や〜野口さん!」とお声がけ頂きまたまたビックリ! 高校時代からずっとさだまさしさんの曲を聴き続けてきましたから!「風に立つライオン」「防人の歌」。そして最近では「夢見る… by @kurocyan722

  • RT @kennoguchi0821: 偶然にもさだまさしさんと。ビックリ。初対面でしたがさだまさしさんから「や〜野口さん!」とお声がけ頂きまたまたビックリ! 高校時代からずっとさだまさしさんの曲を聴き続けてきましたから!「風に立つライオン」「防人の歌」。そして最近では「夢見る… by @miho1115fr

  • RT @kennoguchi0821: 偶然にもさだまさしさんと。ビックリ。初対面でしたがさだまさしさんから「や〜野口さん!」とお声がけ頂きまたまたビックリ! 高校時代からずっとさだまさしさんの曲を聴き続けてきましたから!「風に立つライオン」「防人の歌」。そして最近では「夢見る… by @himeroad

  • RT @kennoguchi0821: 偶然にもさだまさしさんと。ビックリ。初対面でしたがさだまさしさんから「や〜野口さん!」とお声がけ頂きまたまたビックリ! 高校時代からずっとさだまさしさんの曲を聴き続けてきましたから!「風に立つライオン」「防人の歌」。そして最近では「夢見る… by @ryoukozeal