ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

ハッピーエンドback number

良曲志向と女の子と区別の埋葬

Mr.Children、コブクロ。

わかる。わかるよ、清水依与吏。
back numberが先達から非常に強い影響を受けているのがわかる。
いや、影響という言い方は間違っているかもしれない。
それは、遺伝に近い。

ハッピーエンドは、ドラマティックなバラードである。
他のback numberのバラードと同じように。
日本人好みのメロディライン、切ない恋心の歌詞。
ストリングス but バンドサウンド。

そして、PVの女の子。
Jポップの発明、PVの女の子。
back numberはPVにすごい勢いで女の子が出てくる。
古くからJポップでは、ここぞという勝負曲のPVで女の子を出すのが通例だった。
しかし、back numberはほぼすべての曲で女の子を出してくる。
ここまでくると、確信犯なのだろう。
バドル漫画の序盤なのにいきなり最強の技を繰り出してるけど、ここで白けちゃ負けだ!って読者が付いてくる。
読者をそうさせる繊細な気概をちゃんと掴んでいるのだ。
それを毎週の連載で繰り出している。
神の一手も、何度も使ってしまえば、それはもうback numberの一手である。

慎重に手を付けることで効果的であれた禁じ手を、back numberが無尽蔵に繰り出せるのはなにも偶然じゃない。他バンドでは、5年に一度の勝負曲を、back numberは3ヶ月に一度出しているだけである。

では、なぜback numberはこう毎度毎度泣きどころで勝負できるのか。
先輩のMr.Childrenを振り返ってみてほしい。彼らは、肩の力抜けた曲や、尖った曲で、ときどき足場整えているじゃないか。骨のある音楽家としての。


思うに、back numberの強さは、足場を整えなくても全力を出せることになる。テイクバックが小さくても球速を出せる投手のようだ。それは現代の音楽業界が、自然発生的に生んだ最新型の作家性なのだと思う。


大衆音楽の歴史とは、区別とカウンターの歴史である。
ブルース、ロックンロールフォーク、サイケデリック、ハードロックヒップホップパンク、ニューウェーブ、テクノ、オルタナティブ。
ジャンルとは、一世代上のジャンルへの、反省をもとにしたカウンターで生まれる。
そこには先行ジャンルへの、明確な区別がある。先行世代との区別が、ニュージェネレーションの足場になる。

ロックンロールの誕生から半世紀以上経過して、この時代のback numberを聴いて思うのは、今のリアルな音楽には、区別もカウンターも存在していないということである。だからback numberは足場を整えながら音楽活動をする必要なんてなかった。

それがback numberの無節操な良曲志向の源泉にある。


おそらく、大衆音楽の歴史は長く豊かになりすぎたのだろう。
新型への進化とは、旧型の埋葬である。
旧型を埋葬するためには、旧型を区別する必要があった。

そして、ある時から、私たちは旧型の埋葬を必要としなくなり、その進化の在り方を変えたのだと思う。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • ハイエース

    フラワーカンパニーズ

    フラカンといえば『深夜高速』。言葉の響きも格好良いし、夢、青春、音楽、自分のやりたいことを追求し、 "いやらしさも汚らしさも むきだしにして走っていく(ブルーハーツ)" ことの決意・道程を描いた歌詞は、青春の渦中にいる若者にも青春を終えた中年にも刺さる普遍性を持っている。日本のロックのスタンダード・ナンバーに数えられる名曲だと思う。 私が『深夜高速』を知ったのは10年以上前だった

  • めぐり逢えたら

    おとぎ話

    古い家具のようなギターの音色でドリーミーなアルペジオを組み立てる。 最後まで厚くならない音像に、盛り上がりに欠ける空虚なメロディが滑っていく。 独特な音楽は多々あれど、その独特さのベクトルにおいて有識者が認知できないような角度で『めぐり逢えたら』を繰り出すおとぎ話は、損極まりない。 新しいジャンルとの融合や、時代のアーキテクチャの有効活用は本当のところオリジナルでもなんでもない。進んでいる時

  • サニー

    黒猫チェルシー

    美しい女の子は正義だが、美しい男の子も正義だ。 コアな音楽性を気取るわりにいつだって洒脱な佇まいでいる彼らがあまり好きではなかったが、久しぶりに聴いてみればなんとも美しい若者たちだった。 その初期はどうも、出来杉君のようで気に入らなかった。ハタチにもならず映画デビューした渡辺大知。メンバー皆十代なのに、バンドの音楽性は、INUやスターリンに影響を受けたと言われている硬派なガレージパンク

  • 人間ビデオ

    ドレスコーズ

    偉大なバンドは磁場をつくる。 多くのリスナーを惹きつけるためだけの磁場ではない。簡単に言えば、フォロワーを生むということだ。 多くの場合、フォロワーバンドというやつは幾つかの類型に分けることができる。 最も一般的なのが、単なるマネだ。そこにオトナのマーケティングがある。この感じがウケる。ロジカルシンキングに長けた企業人は、スピーディーにトレンドをキャッチし、商品に反映させることができる。

  • Summer Soul

    cero

    上質だ。これぞ真の音楽好きが真の音楽好きに自信をもってレコメンドできる最高に上質でソフィスティケートされたジャンル越境ポップロックミュージックだ。 ベースが良い。 超聴こえる。 ベースを聴かせるバンドは大抵良いバンドだ。 ドラムが良い。 タムで刻み、金物をキーボードのように聴かせるバンドは大抵良いバンドだ。 テクニカルなのに、編曲に嫌味がない。 こういうのをズルいと言う。

  • Ice Candy

    カフカ

    IceCandy、良いギターロックである。 突風のように蒼い轟音と疾走感。歌詞の断片のブライトな響き。 歪んだシングルコイル、ディレイ。気持ち良い。 ときは2000年代前半。 私たち日本生まれのゆとり第一世代は思春期に差し掛かり、ある遺伝子変革に遭遇したのだと思う。 ギターロックという本能の誕生である。 禁断の果実はBUMP OF CHICKENだったのだろうか。 あるい

  • BLINKSTONEの真実を

    BIGMAMA

    金井政人は非常にモチベーションの高い人間である。そして理想の高い人間である。 無理もない。この人は持てる者だ。 まず普通に顔が格好良い。 そして学がある。ポイントは最終学歴ではなく、付属高校から中央大学に進学していることだ。東京出身。私立の高校に進学できるだけの経済的余裕と、文化資本を備えた、いわゆる中流家庭の出身であると推察できる。 BIGMAMAの優美でクラシカルな世界観は

ハッピーエンド(通常盤)
back number
Universal Music =music= (2016-11-16)
売り上げランキング: 406
アンコール(ベストアルバム)(通常盤)(2CD)
back number
Universal Music =music= (2016-12-28)
売り上げランキング: 3
×
  • RT @nananamily: back number/ハッピーエンド #歌ってみた https://t.co/QuKwRdYMB5 by @tetohmu

  • RT @nananamily: back number/ハッピーエンド #歌ってみた https://t.co/QuKwRdYMB5 by @jboy_0117

  • RT @nananamily: back number/ハッピーエンド #歌ってみた https://t.co/QuKwRdYMB5 by @yuukimusic0927

  • Happy End Short Version By pplaifahpf ft.Yqqulq https://t.co/yFxVr118J1 by @_Yobizch_

  • RT @mikazuki_vo2: 歌ってみた第三弾 back number 『ハッピーエンド』 さっきあげたやつ 音が聞こえないって声があったので こっちに変えます(ノ´∀`*)よかったら聞いてみてっっっ バンドやりたいっっっ #Ba.募集中 #Dr.募集中 https:… by @momigiorosi7

  • RT @nananamily: back number/ハッピーエンド #歌ってみた https://t.co/QuKwRdYMB5 by @marinebbdate

  • RT @mininayana0: back number ✖︎ SMAP 【ハッピーエンド】 https://t.co/TkrNG1rfb9 by @aya_fujikita917

  • back number「ハッピーエンド」 -アンコール- #nowplaying https://t.co/voatmw0uPR by @shunkon726_WRC

  • RT @nananamily: back number/ハッピーエンド #歌ってみた https://t.co/QuKwRdYMB5 by @CI5E7cpgrEh1m6W

  • RT @nananamily: back number/ハッピーエンド #歌ってみた https://t.co/QuKwRdYMB5 by @suzaku4_24