ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

ハッピーエンドback number

良曲志向と女の子と区別の埋葬

Mr.Children、コブクロ。

わかる。わかるよ、清水依与吏。
back numberが先達から非常に強い影響を受けているのがわかる。
いや、影響という言い方は間違っているかもしれない。
それは、遺伝に近い。

ハッピーエンドは、ドラマティックなバラードである。
他のback numberのバラードと同じように。
日本人好みのメロディライン、切ない恋心の歌詞。
ストリングス but バンドサウンド。

そして、PVの女の子。
Jポップの発明、PVの女の子。
back numberはPVにすごい勢いで女の子が出てくる。
古くからJポップでは、ここぞという勝負曲のPVで女の子を出すのが通例だった。
しかし、back numberはほぼすべての曲で女の子を出してくる。
ここまでくると、確信犯なのだろう。
バドル漫画の序盤なのにいきなり最強の技を繰り出してるけど、ここで白けちゃ負けだ!って読者が付いてくる。
読者をそうさせる繊細な気概をちゃんと掴んでいるのだ。
それを毎週の連載で繰り出している。
神の一手も、何度も使ってしまえば、それはもうback numberの一手である。

慎重に手を付けることで効果的であれた禁じ手を、back numberが無尽蔵に繰り出せるのはなにも偶然じゃない。他バンドでは、5年に一度の勝負曲を、back numberは3ヶ月に一度出しているだけである。

では、なぜback numberはこう毎度毎度泣きどころで勝負できるのか。
先輩のMr.Childrenを振り返ってみてほしい。彼らは、肩の力抜けた曲や、尖った曲で、ときどき足場整えているじゃないか。骨のある音楽家としての。


思うに、back numberの強さは、足場を整えなくても全力を出せることになる。テイクバックが小さくても球速を出せる投手のようだ。それは現代の音楽業界が、自然発生的に生んだ最新型の作家性なのだと思う。


大衆音楽の歴史とは、区別とカウンターの歴史である。
ブルース、ロックンロールフォーク、サイケデリック、ハードロックヒップホップパンク、ニューウェーブ、テクノ、オルタナティブ。
ジャンルとは、一世代上のジャンルへの、反省をもとにしたカウンターで生まれる。
そこには先行ジャンルへの、明確な区別がある。先行世代との区別が、ニュージェネレーションの足場になる。

ロックンロールの誕生から半世紀以上経過して、この時代のback numberを聴いて思うのは、今のリアルな音楽には、区別もカウンターも存在していないということである。だからback numberは足場を整えながら音楽活動をする必要なんてなかった。

それがback numberの無節操な良曲志向の源泉にある。


おそらく、大衆音楽の歴史は長く豊かになりすぎたのだろう。
新型への進化とは、旧型の埋葬である。
旧型を埋葬するためには、旧型を区別する必要があった。

そして、ある時から、私たちは旧型の埋葬を必要としなくなり、その進化の在り方を変えたのだと思う。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • Swan

    [Alexandros]

    なんでこんなに顔がかっこいいのか、という疑問に対して誰も何も答えてくれないバンドナンバーワン。 曲もかっこいい。電子ビートとフェイザー?感のある揺らしたボーカルによる淡々とした始まりからして、新参者のパブリックイメージの外側から攻めてくる。この感触はどこから引っ張ってきたアイデアなのか。ボーカルの録音とミックスが良いだけなのか。 ドラマティックなサビで泣かせるまでに至らず、すぐAメロに

  • 恋をしたのは

    aiko

    aikoはメロディとコードが面白い。 それはよく言われていることだ。 『恋をしたのは』はコンセプチュアルなロングトーンや、イレギュラーな展開を取り入れた曲だ。一度きりの大サビのために、aikoは確信犯的に楽曲をセーブしている。遊んでいるなあと思う。曲で。とても実験的な曲だが、それをポップスとして組み立てる接着剤になっているのは、変幻自在なコード感とそれに溶け込んだメロディだ。aikoのメロ

  • ランアンドラン

    KANA-BOON

    若手正統派ロックバンドの大本命としてここ数年認知されているが、その原型は言われるほど「正統派」では無かった気がする。百歩譲ってイケメンでないことは置いておくとしても、谷口鮪の声には独特のねちっこさがあったし、楽曲もポップではあるが日本人好みの泣きメロは比較的少なかった。古賀隼斗のギターはまあまあ主張が強かったし。2013年のサマソニを見た時点で、ロックバンドらしさは抜群だったが、大衆の心を掴むなら

  • 最&高

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    楽しいながらも落ち着きのある普通に良い曲。サビは「さぁいえんこぅ!」の語感一発で、こてこてになりがちなジャンルの中で逆に整然としたものを感じる。青文字系という文脈抜きにきゃりーぱみゅぱみゅは語れないが、この曲では"泣かない負けないうろたえない 宴会じみてる毎日に"という歌詞にその世界観がギュウギュウに詰まっている。 ゴールを設定しそこに積み上げる毎日を丁寧に暮らすのではなく、宴会じみてる毎日

  • サママ・フェスティバル!

    Mrs. GREEN APPLE

    ハイトーンヴォイス。童顔。リードを分け合うソロ。裏声。カラフルなMV。子供。目線。ダンス。メンバーのダンス。子供のダンス。サンサン太陽。ギラギラ浴びて。イェイイェイイェ。ハタチでのメジャーデビュー。 このバンドの青写真を最初に思い描いたのは、誰なのだろうか。バンド自身なのか、フロントマン大森元貴なのか、テアトルアカデミーなのか。 所属事務所のテアトルアカデミーが、主にタレントの養成を行

  • めぐり逢えたら

    おとぎ話

    古い家具のようなギターの音色でドリーミーなアルペジオを組み立てる。 最後まで厚くならない音像に、盛り上がりに欠ける空虚なメロディが滑っていく。 独特な音楽は多々あれど、その独特さのベクトルにおいて有識者が認知できないような角度で『めぐり逢えたら』を繰り出すおとぎ話は、損極まりない。 新しいジャンルとの融合や、時代のアーキテクチャの有効活用は本当のところオリジナルでもなんでもない。進んでいる時

  • 最高なしあわせ

    加藤ミリヤ

    サビの出だしが、「最高なしあわせ」ではじまる。その譜割りがとても良い。 「し」と「あ」が繋がって発音される様がとても洋楽的である。 奇抜一歩手前まで攻めるファッションからして、そんじゃそこらの可愛いだけの女とは違う、というパッションが伝わってくるだけあって、『最高のしあわせ』のようなバラードであっても、お茶の間のテレビには似合わさない大人っぽいアレンジである。 この世界には、加藤ミリ

ハッピーエンド(通常盤)
back number
Universal Music =music= (2016-11-16)
売り上げランキング: 406
アンコール(ベストアルバム)(通常盤)(2CD)
back number
Universal Music =music= (2016-12-28)
売り上げランキング: 3
×
  • ハッピーエンド/back number ぼくは、明日昨日のきみとデートする主題歌#backnumber #映画主題歌 https://t.co/T5NZj7455L by @OsakaNoGirl_

  • ハッピーエンド by back number #NowPlaying https://t.co/65xSGIdKiH by @BritishairwaysB

  • back number ✖︎ SMAP 【ハッピーエンド】 https://t.co/apymno5up0 by @back_number_555