ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

ハッピーエンドback number

良曲志向と女の子と区別の埋葬

Mr.Children、コブクロ。

わかる。わかるよ、清水依与吏。
back numberが先達から非常に強い影響を受けているのがわかる。
いや、影響という言い方は間違っているかもしれない。
それは、遺伝に近い。

ハッピーエンドは、ドラマティックなバラードである。
他のback numberのバラードと同じように。
日本人好みのメロディライン、切ない恋心の歌詞。
ストリングス but バンドサウンド。

そして、PVの女の子。
Jポップの発明、PVの女の子。
back numberはPVにすごい勢いで女の子が出てくる。
古くからJポップでは、ここぞという勝負曲のPVで女の子を出すのが通例だった。
しかし、back numberはほぼすべての曲で女の子を出してくる。
ここまでくると、確信犯なのだろう。
バドル漫画の序盤なのにいきなり最強の技を繰り出してるけど、ここで白けちゃ負けだ!って読者が付いてくる。
読者をそうさせる繊細な気概をちゃんと掴んでいるのだ。
それを毎週の連載で繰り出している。
神の一手も、何度も使ってしまえば、それはもうback numberの一手である。

慎重に手を付けることで効果的であれた禁じ手を、back numberが無尽蔵に繰り出せるのはなにも偶然じゃない。他バンドでは、5年に一度の勝負曲を、back numberは3ヶ月に一度出しているだけである。

では、なぜback numberはこう毎度毎度泣きどころで勝負できるのか。
先輩のMr.Childrenを振り返ってみてほしい。彼らは、肩の力抜けた曲や、尖った曲で、ときどき足場整えているじゃないか。骨のある音楽家としての。


思うに、back numberの強さは、足場を整えなくても全力を出せることになる。テイクバックが小さくても球速を出せる投手のようだ。それは現代の音楽業界が、自然発生的に生んだ最新型の作家性なのだと思う。


大衆音楽の歴史とは、区別とカウンターの歴史である。
ブルース、ロックンロールフォーク、サイケデリック、ハードロックヒップホップパンク、ニューウェーブ、テクノ、オルタナティブ。
ジャンルとは、一世代上のジャンルへの、反省をもとにしたカウンターで生まれる。
そこには先行ジャンルへの、明確な区別がある。先行世代との区別が、ニュージェネレーションの足場になる。

ロックンロールの誕生から半世紀以上経過して、この時代のback numberを聴いて思うのは、今のリアルな音楽には、区別もカウンターも存在していないということである。だからback numberは足場を整えながら音楽活動をする必要なんてなかった。

それがback numberの無節操な良曲志向の源泉にある。


おそらく、大衆音楽の歴史は長く豊かになりすぎたのだろう。
新型への進化とは、旧型の埋葬である。
旧型を埋葬するためには、旧型を区別する必要があった。

そして、ある時から、私たちは旧型の埋葬を必要としなくなり、その進化の在り方を変えたのだと思う。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • Be Noble

    ぼくのりりっくのぼうよみ

    音楽業界という謎の機関による絶賛を除いて、「ぼくのりりっくのぼうよみ」が絶賛されているところを見たことがない。 いきなり口がわるく申し訳ないがぼくはそう思う。 ただ、ぼくにとって音楽業界という謎の機関は、芸能関係者という謎の関係者と同じくらい情報に通じているという認識なので、ぼくは絶大な信頼を置いている。 だから、ぼくは「ぼくのりりっくのぼうよみ」を全面的に信頼している。もしも「ぼく

  • セツナ

    サニーデイ・サービス

    曽我部恵一は紛れもないミュージシャンズミュージシャンズだ。先輩後輩問わず他のバンドマンや評論家に、曽我部恵一という人間はあまりに讃えられている。愛されすぎて逆に胡散臭いくらいだ。 同業者に愛されるにはいくつか理由がある。人柄もそうだろう。しかしそれよりも鍵になるのは、同じプロであってもなかなかマネできない、マネしようとしない音楽をやっていることだ。 他のミュージシャンに出来なくて、曽我

  • 最高なしあわせ

    加藤ミリヤ

    サビの出だしが、「最高なしあわせ」ではじまる。その譜割りがとても良い。 「し」と「あ」が繋がって発音される様がとても洋楽的である。 奇抜一歩手前まで攻めるファッションからして、そんじゃそこらの可愛いだけの女とは違う、というパッションが伝わってくるだけあって、『最高のしあわせ』のようなバラードであっても、お茶の間のテレビには似合わさない大人っぽいアレンジである。 この世界には、加藤ミリ

  • 猫とアレルギー

    きのこ帝国

    猫である。そしてきのこである。テレキャスである。 ある種の人間はそれだけで何かに気づく。 あ、これ好きなヤツだ。と。 中堅監督が駆け出しの頃、地味な俳優陣と低予算なロケでとったモノローグの多い邦画。 きのこ帝国の持つ叙情性と、それへの親近感を言葉にするとき私はそれを思い浮かべた。 『猫とアレルギー』は、理性的でしっとりとしたロックバラードだ。 Aメロからいい具合に抑揚がきいたメ

  • Good New Times

    Gotch

    バンドマンのソロを聴くのは好きだ。 その人が、バンドとソロ、公と私をどのように分断するのか。 その境目をどの地点に置くか。音なのか、歌詞なのか。仕事と趣味なのか。 一番好きなジャンルと、二番目に好きなジャンルなのか。 それまでのバンド作品では、プライベートな音楽を鳴らしていたのか。 そうではなかったのか。 ソロ作品をリリースするとたくさんのことが見えてくる。 『Good

  • ソレデモシタイ

    平井 堅

    平井堅がただ顔の濃いだけのボーカリストでないことは、きっとそれなりに知られている。純粋なる歌唱技術はもちろんのこと、味わいという意味でのボーカルワークも、サウンドメイカーとしてのバリエーションも、そしてチャーミングなユーモアも、ファン以外にも広く認知され、リスペクトを込めてあたたかくその活動が受け入れられている。 平井堅のそういった多様な側面の中でも、彼の存在感を一際輝かせている要素が、性へ

  • Ice Candy

    カフカ

    IceCandy、良いギターロックである。 突風のように蒼い轟音と疾走感。歌詞の断片のブライトな響き。 歪んだシングルコイル、ディレイ。気持ち良い。 ときは2000年代前半。 私たち日本生まれのゆとり第一世代は思春期に差し掛かり、ある遺伝子変革に遭遇したのだと思う。 ギターロックという本能の誕生である。 禁断の果実はBUMP OF CHICKENだったのだろうか。 あるい

ハッピーエンド(通常盤)
back number
Universal Music =music= (2016-11-16)
売り上げランキング: 406
アンコール(ベストアルバム)(通常盤)(2CD)
back number
Universal Music =music= (2016-12-28)
売り上げランキング: 3
×
  • RT @mrngnote: 1.ハッピーエンド / back number ッシャア待ってた。正直この曲のためだけにタグに参加しました。私の中の最高のくろうくんに振られたそらくんの歌ですこれは。しっとりとした曲調に無理に前を向こうとする歌詞が最高、きいて、金なら払う。げんたろう… by @soto_akarui

  • 【自動】2016個人的ベストソング・2位 ハッピーエンド/back number https://t.co/nQikyi4X6d by @oumizikaisoku

  • 『ハッピーエンド』2 years anniversary🎉 今までback numberの音楽に何度救われてきたか、自分でも分からないくらい大切な存在で、メンバーひとりひとりの事を心の底から誇りに思っています。 これからもずっと… https://t.co/kkE6pQc5uB by @yuchi_bknb

  • 1.ハッピーエンド / back number ッシャア待ってた。正直この曲のためだけにタグに参加しました。私の中の最高のくろうくんに振られたそらくんの歌ですこれは。しっとりとした曲調に無理に前を向こうとする歌詞が最高、きいて、金… https://t.co/aJZiNYzvtd by @mrngnote

  • てゆーか奥さんがおる中でハッピーエンドみたいな曲書けるのはやっぱプロってすげーっていうか清水依与吏すげーっていうかback number好きになって良かったです とりあえずpartyしましょう by @abcd_bknb516

  • 気付けば横にいて 別に君のままでいいのになんて 勝手に涙拭いたくせに back number ハッピーエンド by @bknb_2004_bot

  • RT @suzuhabknb79: 2016.11.16 Happybirthday 『ハッピーエンド』 君の恋人になったら 魔女と僕 back numberを 好きになったきかっけの曲で 大切な曲です https://t.co/vYJWnW2Mtq by @tasuku_bknb

  • 2016.11.16 Happybirthday 『ハッピーエンド』 君の恋人になったら 魔女と僕 back numberを 好きになったきかっけの曲で 大切な曲です https://t.co/vYJWnW2Mtq by @suzuhabknb79

  • ハッピーエンドから2年!?えーもう泣くって。back number好きになって本格的に聴き出した曲なんだよー初解禁の夜とかめちゃくちゃ覚えてるしヘビロテしてたし今でも大好きで思い出深くて……唐田えりかちゃんがかわいい。笑 by @0714_1001

  • ハッピーエンド2年なのね! すごくすごく大好きな曲! orpを思い出すし、映画も見に行ったし、唐田えりかさん好きだしback numberの良さを詰め込んだようなもうほんとすきすきのすき by @hosu10bknb