ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

街が変わる、自己を位置づける

バンドマンのソロを聴くのは好きだ。

その人が、バンドとソロ、公と私をどのように分断するのか。
その境目をどの地点に置くか。音なのか、歌詞なのか。仕事と趣味なのか。
一番好きなジャンルと、二番目に好きなジャンルなのか。
それまでのバンド作品では、プライベートな音楽を鳴らしていたのか。
そうではなかったのか。
ソロ作品をリリースするとたくさんのことが見えてくる。


『Good New Times』は、一聴して良い曲だ。
ロックのうるさい感じそのものが苦手な人に聴いてほしい。
穏やかで、ちょっとオシャレで、耳に馴染む。休日にカフェにでも出かけたくなる。
特に音楽好きでない人が音楽に求める素材でつくられた、生活に寄り添ってくれる音楽だ。

気持ちよく張る声や軽快なリズムに、健康にソロ作品に取り組もうとしている姿勢がうかがえる。
アジカンという足場を持った大人の余裕が小気味良い。
そういうときに出てくる音楽は好きだ。
聴き手にも余裕を与えてくれる。


軽快なアコギのリズムは、アジカンのイメージとは大きくことなる。
意外とベースがゴリゴリいっている他に、気づくことがひとつあるだろう。

言葉だ。
むき出しの言葉がたくさん詰め込まれている。
この軽やかな曲によくこれだけの言葉を乗せた。
いや、ここはちょっと疑ってかかりたい。
この曲は、沢山の言葉をむき出しにすることを目的としてつくられているのではないか。



後藤正文を語るときに、政治的であろうとする近年のキャラクターを無視することはできないだろう。
指摘しておくべきなのは、その時代性だ。
かつて、ロックミュージシャンが政治的であることは、普通のことであった。
Bob DylanもSex PistolsもBeatlesも何かしらの政治的事件性を内包していた。
簡単な話で、それは時代が持つ一体感だったのだ。
小さな波が大きな波になるのに丁度良い情報の伝達速度が、20世紀のある時代にだけ存在していた。
それがロック誕生から全盛への歴史と、キレイに連動していた。
その意味では、ロックはメディアの音楽だと言える。

話を戻そう。
今のロックミュージシャンは政治的でないのが普通である。
なぜなら、もはや波は大きくならず、音楽と政治には何のつながりも無いからである。
それは悲しいことではない。音楽も政治も繋がってしまっていたあの時代こそがイレギュラーだったからだ。
それでは後藤正文は、こんな時代に、まだ音楽と政治の結合力を信じている脳天気な人間なのか。
その類の勘違いはとても多いが、もちろん、それは違う。
後藤正文が政治的であることと、かつてのロックミュージシャンが政治的であったことは、意味が違う。



『Good New Times』で執拗に「街」のモチーフが登場する。


"僕らの魂を街頭に飛び出して書きつけてまわるんだぜ"

"見慣れたビルの最上階から悲しみが滝のようだね"

"少女が泣いていた 街は灰色のままさ
若者は嘆いていた 街は灰色のままだ"

"花を植えよう そこら中に
種を蒔こうか 街中に
いつかきっと目に見えるように変わるから"


街は「悲しみが滝のよう」な場所であり「灰色」だった。
それを「魂を書きつけ」「花を植え」「種を蒔く」ことで変える。
街が変わる。それは随分と特殊なコンセプトではないか。都市開発じゃないんだから。


仮説から入ろう。
後藤正文の政治とは、世界を変えるための政治ではなく、政治を変えるための政治ではなく、自己を位置づけるための政治である。
『Good New Times』では、街の中に自己を位置づけるという作業が行われている。
僕ら、は実家に位置づけられているところからはじまる。


"実家だけがシェルター"


そして「魂を書きつけ」「花を植え」「種を蒔く」ことで自己を街に位置づけていく。
これらの作業はマーキング行為そのものだ。
マーキングとは居場所へのモチベーションである。

実家で「ジャック・ケルアック」を読んで感動していることと、その感動をポケットに街に出ること。
その違いが後藤正文の政治である。だから彼の活動は言葉を変えてメディアを変えて私たちを行動へと啓蒙する。
それは、デモに行け、といった簡単な意味ではない。
行動によって、街に出ることによって、個人の中で街は具体的なイメージをなす。
そうして初めて、人は自己を位置づけられるようになる。
これは特別な話ではない。だれだって行きていく上で自己の位置づけを必要とし、それは自己の外があって初めて行われる。

その、あたり前だけど困難な試みを、政治的なことだと捉えること。そのために街が私たちには必要であること。それが後藤正文の立場だ。街の中に自己が位置づけられることは、自己にとってだけでなく街にとっても意味がある。物理的にも精神的にも、自己がアドインされることにより、街が変わるからだ。音楽は政治を変えないけど、街は政治を変えるかもしれない。音楽は街を変えないけど、音楽は自己を変える。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • サニー

    黒猫チェルシー

    美しい女の子は正義だが、美しい男の子も正義だ。 コアな音楽性を気取るわりにいつだって洒脱な佇まいでいる彼らがあまり好きではなかったが、久しぶりに聴いてみればなんとも美しい若者たちだった。 その初期はどうも、出来杉君のようで気に入らなかった。ハタチにもならず映画デビューした渡辺大知。メンバー皆十代なのに、バンドの音楽性は、INUやスターリンに影響を受けたと言われている硬派なガレージパンク

  • Ice Candy

    カフカ

    IceCandy、良いギターロックである。 突風のように蒼い轟音と疾走感。歌詞の断片のブライトな響き。 歪んだシングルコイル、ディレイ。気持ち良い。 ときは2000年代前半。 私たち日本生まれのゆとり第一世代は思春期に差し掛かり、ある遺伝子変革に遭遇したのだと思う。 ギターロックという本能の誕生である。 禁断の果実はBUMP OF CHICKENだったのだろうか。 あるい

  • ランアンドラン

    KANA-BOON

    若手正統派ロックバンドの大本命としてここ数年認知されているが、その原型は言われるほどスタンダード足りえるバンドでは無かった気がする。百歩譲ってイケメンでないことは置いておくとしても、谷口鮪の声には独特のねちっこさがあったし、楽曲もポップではあるが泣きメロは比較的少ない。古賀隼斗のギターは主張している。2013年のサマソニを見た時点で、バンドサウンドは躍動していたが、大衆の心を掴むならもっと楽曲が引

  • STARTING NOW!

    水樹奈々

    アニソン界の覇権を握ったまま長いが、そのボーカルスタイルはアニメ声とは程遠い。当初から、声優ではなく本格的な歌手を志していた背景からして後続とは一線を画している。 『STARTING NOW!』はストイックでハードなロックサウンドがかっこいい。 水樹奈々の十八番といえるこのスタイル。無論、歌唱技術には余裕しか感じない。 ハードロック出自のヘヴィーな楽器隊とポップなボーカルの対比は、Jud

  • Fall

    told

    「最近の若手には骨のあるやるがいないんです」 「あんたは春になるといつもそう言うな。新入りってのはな、朝顔みたいなものなんだよ」 「アサガオ?」 「ああ。アサガオだ。芽が出るまではとにかく水をやることだけ考えていれば良い。支柱をたててこっちが望む方向にツルを巻いてもらうのはそのあとの話だ」 「なるほど。おやじさんの言うことはやはり含蓄が違う」 「お代はまけないよ」 「わかってますって。

  • ハイエース

    フラワーカンパニーズ

    フラカンといえば『深夜高速』。言葉の響きも格好良いし、夢、青春、音楽、自分のやりたいことを追求し、 "いやらしさも汚らしさも むきだしにして走っていく(ブルーハーツ)" ことの決意・道程を描いた歌詞は、青春の渦中にいる若者にも青春を終えた中年にも刺さる普遍性を持っている。日本のロックのスタンダード・ナンバーに数えられる名曲だと思う。 私が『深夜高速』を知ったのは10年以上前だった

  • BLINKSTONEの真実を

    BIGMAMA

    金井政人は非常にモチベーションの高い人間である。そして理想の高い人間である。 無理もない。この人は持てる者だ。 まず普通に顔が格好良い。 そして学がある。ポイントは最終学歴ではなく、付属高校から中央大学に進学していることだ。東京出身。私立の高校に進学できるだけの経済的余裕と、文化資本を備えた、いわゆる中流家庭の出身であると推察できる。 BIGMAMAの優美でクラシカルな世界観は

Good New Times
Good New Times
posted with amazlet at 16.12.25
Gotch
only in dreams (2016-07-13)
売り上げランキング: 7,712
Can’t Be Forever Young
Can’t Be Forever Young
posted with amazlet at 16.12.25
Gotch
only in dreams (2014-04-30)
売り上げランキング: 23,967
何度でもオールライトと歌え
後藤正文
ミシマ社
売り上げランキング: 34,903
オン・ザ・ロード (河出文庫)
ジャック・ケルアック
河出書房新社
売り上げランキング: 13,814
×
  • RT @AKGotchsongs: 君が閉ざす窓 今夜も誰かが叩くだろう 抜け出してハグしよう どこへも行けるさ 旅が始まるさ ボーダーラインはどこだろう 飛び越えてしまえよ 準備なんてしなくても いいんだよ ほらまだ ねぇ [Good New Times] #Gotch by @nagoao

  • 君が閉ざす窓 今夜も誰かが叩くだろう 抜け出してハグしよう どこへも行けるさ 旅が始まるさ ボーダーラインはどこだろう 飛び越えてしまえよ 準備なんてしなくても いいんだよ ほらまだ ねぇ [Good New Times] #Gotch by @AKGotchsongs

  • ジャケット [Good New Times] https://t.co/KhAbB7cZ4Z #Gotch by @AKGotchsongs

  • Gotchの2ndソロアルバムGood New Timesの*PORT ISLAND*のイントロと、スピッツの*君が思い出になる前に*のイントロが似てる。歌詞もみなとってゆキーワードで恋のゆくえの想像を掻き立てる。 by @Junniina

  • Gotch 『Good New Times』Music Video https://t.co/hY23wTpQ9U by @one_grace

  • 君が閉ざす窓 今夜も誰かが叩くだろう 抜け出してハグしよう どこへも行けるさ 旅が始まるさ ボーダーラインはどこだろう 飛び越えてしまえよ 準備なんてしなくても いいんだよ ほらまだ ねぇ [Good New Times] #Gotch by @AKGotchsongs

  • ジャケット [Good New Times] https://t.co/KhAbB7uzWx #Gotch by @AKGotchsongs

  • 君が閉ざす窓 今夜も誰かが叩くだろう 抜け出してハグしよう どこへも行けるさ 旅が始まるさ ボーダーラインはどこだろう 飛び越えてしまえよ 準備なんてしなくても いいんだよ ほらまだ ねぇ [Good New Times] #Gotch by @AKGotchsongs

  • ジャケット [Good New Times] https://t.co/KhAbB7uzWx #Gotch by @AKGotchsongs

  • 君が閉ざす窓 今夜も誰かが叩くだろう 抜け出してハグしよう どこへも行けるさ 旅が始まるさ ボーダーラインはどこだろう 飛び越えてしまえよ 準備なんてしなくても いいんだよ ほらまだ ねぇ [Good New Times] #Gotch by @AKGotchsongs