ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

デストピアGLAY

三度目の正直 GLAYでは誰派?

GLAYの記憶は小学三年生の頃まで遡る。
クラスメイトの女の子が大ファンだった。
KinKiKidsではどっち派?みたいなノリで、GLAYでは誰派?といった会話がクラスでなされていたのは彼女の影響だった。音楽なんてかけらも興味なかった私だから、それでも誰一人名前を覚えられなかった。そして、その子はその年に転校してしまうことになる。

私にとってGLAYは一度そこで終わる。


次は大学二年のときだった。
バイト先にバンドマンの先輩がいた。
に函館に旅行に行ったんだ、と彼に話すと、「GLAYの母校行った?」と訪ねてきた。当時、私は既に音楽が大好きだった。しかしGLAYの母校には行っていない。

驚いたのは、函館イコールGLAYという方程式が彼の中で結ばれていたこと。そしてその前提を私も当たり前のように共有していると彼が考えていたことだ。

GLAYの出身地を私は知らなかった。それは珍しいことなのだろうか。GLAYはそれほどまでに偉大なバンドだったのだろうか。

私にとって二度目のGLAYはここで終わる。

BLANKEY JET CITYやTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTに影響を受けていると公言し、NUMBER GIRLのようなオリジナルバンドでベースを弾いていた先輩のルーツはB'zだったことを知ったのはその後だ。

そのとき私はひとつ理解する。GLAYもきっとそうだったんだろう。先輩を音楽の世界へ引き込みロックスターモラトリアムで大学院にまで進学させてしまった戦犯。ゼロからイチに持っていく音楽の原体験。B'zと共にGLAYもその役割を務めたのだ。それは確かに偉大なバンドにしかできないことだった。


しばらくして、多くのベテランバンド同様GLAYの実績は各方面で再評価される。CDからライブへ。自主レーベルのloversoul music & associates。オフィシャルストアのG-DIRECT。チームとしてキャリアチェンジに成功し、やりたいこととやれることと評価のバランスが整う。ストレス無くクリエイティビティに専念できる。ここ数年のGLAYはそんなステージにあると端からは見える。私がGLAYを聴くようになったのもこの時期だ。

連動して目立ってきたのが、TAKURO以外のメンバーの作曲だ。
特にHISASHIはお茶目でラフなサウンドプロダクションが光っている。GLAYの音に遊び心があり、意外と面白いロックをやってると、コアなロックファンに気づかせているのは彼だと思う。

『デストピア』もHISASHIの曲だ。やはりギターが格好良い。TERUにコードカッティングを任せたのは彗眼。HISASHIとTAKUROが余裕綽々にリードを分け合う様がスリリングで、疾走感が気持ち良い。メロディラインにはパンキッシュなハリがあり、ドラマティックなTAKUROの引き出しからは出てこないもの。オルタナミクスチャーバンドがメジャデビューでポップに振り切りました!みたいな若々しさすら感じる。まさに今のGLAYのコンディションが良く、バンドの絶え間ない変化を良い形で魅せてくれる曲だ。

仲の良さは有名だが能力的なパワーバランスもGLAYは均整が取れていると思う。TAKUROがソロを始めるのも、他のメンバーの才能に刺激を受けているからだろう。メインソングライターがそうしてアイデンティティの確認作業に勤しむのだ。だからバンドは面白い。

そう、いまになって私は改めてクラスメイトに尋ねてみたいのだ。GLAYでは誰派?

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • ハッピーエンド

    back number

    Mr.Children、コブクロ。 わかる。わかるよ、清水依与吏。 back numberが先達から非常に強い影響を受けているのがわかる。 いや、影響という言い方は間違っているかもしれない。 それは、遺伝に近い。 ハッピーエンドは、ドラマティックなバラードである。 他のback numberのバラードと同じように。 日本人好みのメロディライン、切ない恋心の歌詞。 ストリング

  • ソレデモシタイ

    平井 堅

    平井堅がただ顔の濃いだけのボーカリストでないことは、きっとそれなりに知られている。純粋なる歌唱技術はもちろんのこと、味わいという意味でのボーカルワークも、サウンドメイカーとしてのバリエーションも、そしてチャーミングなユーモアも、ファン以外にも広く認知され、リスペクトを込めてあたたかくその活動が受け入れられている。 平井堅のそういった多様な側面の中でも、彼の存在感を一際輝かせている要素が、性へ

  • STARTING NOW!

    水樹奈々

    アニソン界の覇権を握ったまま長いが、そのボーカルスタイルはアニメ声とは程遠い。当初から、声優ではなく本格的な歌手を志していた背景からして後続とは一線を画している。 『STARTING NOW!』はストイックでハードなロックサウンドがかっこいい。 水樹奈々の十八番といえるこのスタイル。無論、歌唱技術には余裕しか感じない。 ハードロック出自のヘヴィーな楽器隊とポップなボーカルの対比は、Jud

  • Good New Times

    Gotch

    バンドマンのソロを聴くのは好きだ。 その人が、バンドとソロ、公と私をどのように分断するのか。 その境目をどの地点に置くか。音なのか、歌詞なのか。仕事と趣味なのか。 一番好きなジャンルと、二番目に好きなジャンルなのか。 それまでのバンド作品では、プライベートな音楽を鳴らしていたのか。 そうではなかったのか。 ソロ作品をリリースするとたくさんのことが見えてくる。 『Good

  • 恋をしたのは

    aiko

    aikoはメロディとコードが面白い。 それはよく言われていることだ。 『恋をしたのは』はコンセプチュアルなロングトーンや、イレギュラーな展開を取り入れた曲だ。一度きりの大サビのために、aikoは確信犯的に楽曲をセーブしている。遊んでいるなあと思う。曲で。とても実験的な曲だが、それをポップスとして組み立てる接着剤になっているのは、変幻自在なコード感とそれに溶け込んだメロディだ。aikoのメロ

  • 最&高

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    楽しいながらも落ち着きのある普通に良い曲。サビは「さぁいえんこぅ!」の語感一発で、こてこてになりがちなジャンルの中で逆に整然としたものを感じる。青文字系という文脈抜きにきゃりーぱみゅぱみゅは語れないが、この曲では"泣かない負けないうろたえない 宴会じみてる毎日に"という歌詞にその世界観がギュウギュウに詰まっている。 ゴールを設定しそこに積み上げる毎日を丁寧に暮らすのではなく、宴会じみてる毎日

  • デストピア

    GLAY

    GLAYの記憶は小学三年生の頃まで遡る。 クラスメイトの女の子が大ファンだった。 KinKiKidsではどっち派?みたいなノリで、GLAYでは誰派?といった会話がクラスでなされていたのは彼女の影響だった。音楽なんてかけらも興味なかった私だから、それでも誰一人名前を覚えられなかった。そして、その子はその年に転校してしまうことになる。 私にとってGLAYは一度そこで終わる。 次は大

[DEATHTOPIA](DVD付)
[DEATHTOPIA](DVD付)
posted with amazlet at 17.01.03
GLAY
ポニーキャニオン (2016-08-03)
売り上げランキング: 3,863
Journey without a map(DVD付)
Journey without a map(DVD付)
posted with amazlet at 17.01.03
TAKURO
ポニーキャニオン (2016-12-14)
売り上げランキング: 354
×
  • デストピア MV メルパルク東京 地下駐車場 (港区芝公園) by @glay_location

  • RT @MayThe4cebwu: アメ村のGLAYなショットバー デストピア 店内 GLAYづくしでGLAYに浸りながら飲めるの楽しすぎる 今度みんなで行きたいなー ミナミ来たら是非行ってみてください〜 https://t.co/ZIh8w42Z5C by @haruvis

  • RT @MayThe4cebwu: アメ村のGLAYなショットバー デストピア 店内 GLAYづくしでGLAYに浸りながら飲めるの楽しすぎる 今度みんなで行きたいなー ミナミ来たら是非行ってみてください〜 https://t.co/ZIh8w42Z5C by @glayasug946

  • こんなに黒夢、SADS、清春めっちゃ聴いてるんだけど明日になるとGLAYの愁いのprisonerとyoursongをめっちゃ聴くんだろうな。 ルナフェスの映像も楽しみ。 コヨーテの映像も欲しかったけどデストピアに音源入ってるから今回はそりゃないよな by @taka0507_wumf