ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

拝啓、オルタナティブ夏の夜。

拝啓、オルタナティブの夜。


東京の冬は寒いです。
2017年は特急列車のように過ぎ去ってゆきます。
星を見る間もなく、小さなiPhoneの画面上で繰り広げられる宇宙に私たちは喜怒哀楽を捧げるようになりました。夜空を全部束ねてみたら、いいねのひとつでも貰えるかもしれません。


あの頃とは何もかもが違いますね。しかし、それで良いのかもしれません。私たちはそのときどきに目の前を通り過ぎるものを追いかけて一生を終えるのでしょう。
大きくて長い自然のうねりや空を飛ぶ魚に目を留めたり、それに恐れおののいたり。そんなことができたのはインプットの少ない子どもだけの特権だったのでしょう。


それでも考えてみたいです。
あの頃に感じたあれは何だったのか。
すっかり見かけることもなくなったいま、それはひっそりとどこかで冷凍保存されているものなのか。


"街が寝息を立てるころに"

"夜風にドキドキ高鳴る胸で"

"どこかきっと違う世界に"


違う世界の存在を信じていたあの頃こそが、いまの私にとっては違う世界のできごとの様です。
街が寝息を立てるころは、明日に備えて、私も寝息を立てるようになりました。夜の畏れに怯え、夜風に胸を高鳴らせるようなことは、寒いこの冬ではなかなか困難です。未来はすべからく過去になります。その意味で私たちは、最良の過去を手に入れるために、未来に向かって歩いているのだとも言えます。


硬質なギターの轟音が好きです。性急なリズムが好きです。澄んだ声が好きです。アメンボのように張り付いて飛び跳ねるピアノが好きです。流星のように身を削って流れる優しくないメロディが好きです。
瞬間蒼い風が吹いて、あの頃というやつが私の身体に乗り移ります。古いSFアニメのようなノスタルジーが全身の血液を発火させます。後ろ向きな感傷だと思われるでしょうか。それはありがちな勘違いです。


音楽が私たちの体感時間を拡張するとき、過去に伸びた射程と同じだけ、未来にも届いているのです。ブラックホールのそばに漸近するように、時間は引き伸ばされるのです。iPhoneの画面で、いまこの瞬間とだけ交信していた私の時間が、急に本来の姿を取り戻すのです。それはオルタナティブな体験です。音楽か、夏の夜くらいしか、その魔法は使えません。

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

written by bluemonday

https://twitter.com/bluemondayInc

旅行とビールが好きなゆとり世代

タグつながりの曲

  • Ride My Car

    The ManRay

    ロックバンドがロックしかしない。それって結構珍しい。 The ManRayはそんなバンドだ。 だから安心して聴ける。 メロウにもオシャレにもギャグにもヤケクソにもならず、ひたすらロックが聴ける。 それはとても幸せで、とても稀有なことだったのだとThe ManRayを聴いて思った。 良い意味で、楽曲に楽器が奉仕していない。 ベースとドラムとギターが独立した距離感で立ち回り、そのための

  • 自意識不明

    nervous light of sunday

    カオティックという言葉がある。 その言葉の選ばれ方において、カオティックと、カオスは全く別物である。 カオスは字義通り混沌の意味。 ジャンルレスであったり、特にそれが無秩序な印象につながっていたりすると人は、カオスな曲だ、と表現する。 他方、カオティックはむしろ秩序だ。 具体的には、スクリーモ、あるいはスクリーモ系のエモ、ハードコア、メタルコア、ミクスチャーロックなどを主戦場とするバ

  • セツナ

    サニーデイ・サービス

    曽我部恵一は紛れもないミュージシャンズミュージシャンズだ。先輩後輩問わず他のバンドマンや評論家に、曽我部恵一という人間はあまりに讃えられている。愛されすぎて逆に胡散臭いくらいだ。 同業者に愛されるにはいくつか理由がある。人柄もそうだろう。しかしそれよりも鍵になるのは、同じプロであってもなかなかマネできない、マネしようとしない音楽をやっていることだ。 他のミュージシャンに出来なくて、曽我

  • Ice Candy

    カフカ

    IceCandy、良いギターロックである。 突風のように蒼い轟音と疾走感。歌詞の断片のブライトな響き。 歪んだシングルコイル、ディレイ。気持ち良い。 ときは2000年代前半。 私たち日本生まれのゆとり第一世代は思春期に差し掛かり、ある遺伝子変革に遭遇したのだと思う。 ギターロックという本能の誕生である。 禁断の果実はBUMP OF CHICKENだったのだろうか。 あるい

  • ニューロマンサー

    おやすみホログラム

    ウィリアム・ギブスン! 近代的なダンスビートと、キッチュなメロディラインは、そのタイトルに相応しいSF的高揚感に満ちている。 "ありふれた感情の墓場って 全くこんな感じだって" クールに怪しく激走するイントロからのハスキーな歌い出しがむちゃくちゃ格好良い。 ワンコーラス終わった後、自由に展開しはじめる主旋律も、曲の混沌を深め、いい具合にリスナーを迷わせる。 工場?を舞台に撮

  • STARTING NOW!

    水樹奈々

    アニソン界の覇権を握ったまま長いが、そのボーカルスタイルはアニメ声とは程遠い。当初から、声優ではなく本格的な歌手を志していた背景からして後続とは一線を画している。 『STARTING NOW!』はストイックでハードなロックサウンドがかっこいい。 水樹奈々の十八番といえるこのスタイル。無論、歌唱技術には余裕しか感じない。 ハードロック出自のヘヴィーな楽器隊とポップなボーカルの対比は、Jud

  • 恐怖の大王

    人間椅子

    「日本語ロック」という言葉がある。 はっぴいえんどが開拓を進め、サザンオールスターズ、RCサクセション、ブルーハーツが各々の方法論で完成させたソレだ。 その言葉はいまでは廃れ、代わりに若い音楽ファンに親しまれているのは「邦楽ロック」だ。 日本でロックをやること。かつては、それ自体が事件であり挑戦だった。 いまはどうか。幸福なことに日本でロックは可能であることが証明されたと思う。それ

夜空を全部
夜空を全部
posted with amazlet at 17.02.12
sora tob sakana
ハピネット (2015-10-27)
売り上げランキング: 158,420
sora tob sakana
sora tob sakana
posted with amazlet at 17.02.12
sora tob sakana
ハピネット (2016-07-26)
売り上げランキング: 21,066
魔法の言葉
魔法の言葉
posted with amazlet at 17.02.12
sora tob sakana
ハピネット (2016-02-16)
売り上げランキング: 156,637
×
  • (再)【オサカナ特集①】 sora tob sakana『夜空を全部』 1stシングル。暗く冷たい海を全速力で泳ぐ魚のよう。 https://t.co/qd2iQPZFcM 作曲者による生演奏はこちら。インストだけでもかっこ良い。 https://t.co/cbTNdPdDv9 by @Ipop_is_Music

  • 夜空を全部(sora tob sakana) 演奏動画 https://t.co/iPexvIVbvx こういう音楽に囲まれて生きて死にたい by @chape_j_wavluv

  • #nowplaying 夜空を全部 - sora tob sakana - sora tob sakana https://t.co/D7shpwm38m by @a_ki_10_07

  • RT @UshiroM: ふらぷろ祭vol.14 ●sora tob sakana My note New Stranger Knock!〜 ※夜空を全部 ●ふらぷろ生 ふらぷろ生のテーマ タイムマシン〜 usdp ※未来時計 ※夜間飛行 ●パンダみっく ネズミーランド シー… by @tonton0000ebi

  • ふらぷろ祭vol.14 ●sora tob sakana My note New Stranger Knock!〜 ※夜空を全部 ●ふらぷろ生 ふらぷろ生のテーマ タイムマシン〜 usdp ※未来時計 ※夜間飛行 ●パンダみっく… https://t.co/YsagoJ048I by @UshiroM

  • 4/20 ふらぷろ祭@ TOKYO FM HALL ・sora tob sakana 1 My notes 2 New Stranger 3 knock!knock! 4 帰り道のワンダー まな、夏花、莉緒、ふらぷろ生 コラボ 夜空を全部 by @HRK1029

  • 190420 sora tob sakana~ふらぷろ祭 vol.14@TFMホール SE whale song 01 My Notes 02 New Stranger 03 knock!knock! 04 帰り道のワンダー (コラボ) 05 夜空を全部 by @Rover_YKSK