ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

TAG SEARCH : スクリーモのタグがついた曲

RANDOM MUSICランダムおすすめ楽曲から音楽をみつける

  • 人間ビデオ

    ドレスコーズ

    偉大なバンドは磁場をつくる。 多くのリスナーを惹きつけるためだけの磁場ではない。簡単に言えば、フォロワーを生むということだ。 多くの場合、フォロワーバンドというやつは幾つかの類型に分けることができる。 最も一般的なのが、単なるマネだ。そこにオトナのマーケティングがある。この感じがウケる。ロジカルシンキングに長けた企業人は、スピーディーにトレンドをキャッチし、商品に反映させることができる。

  • 自意識不明

    nervous light of sunday

    カオティックという言葉がある。 その言葉の選ばれ方において、カオティックと、カオスは全く別物である。 カオスは字義通り混沌の意味。 ジャンルレスであったり、特にそれが無秩序な印象につながっていたりすると人は、カオスな曲だ、と表現する。 他方、カオティックはむしろ秩序だ。 具体的には、スクリーモ、あるいはスクリーモ系のエモ、ハードコア、メタルコア、ミクスチャーロックなどを主戦場とするバ

RANDOM REVIEWランダムレビューから音楽をみつける

  • 偉大なバンドは磁場をつくる。
    多くのリスナーを惹きつけるためだけの磁場ではない。簡単に言えば、フォロワーを生むということだ。

    多くの場合、フォロワーバンドというやつは幾つかの類型に分けることができる。
    最も一般的なのが、単なるマネだ。そこにオトナのマーケティングがある。この感じがウケる。ロジカルシンキングに長けた企業人は、スピーディーにトレンドをキャッチし、商品に反映させることができる。商品とは、売り出し中だけどテコ入れが必要な若手バンドかもしれないし、アイドルかもしれないし、若くして女優を兼業するシンガーソングライターかもしれない。
    有名になりたいアーティストはたくさんいる。彼らはオトナに、ソレとわからないように、マネさせられる。

    もう一つのフォロワーは、もう少しピュアなバンドたちだ。
    偉大なバンドに心粋するあまり、他の音楽が耳に入らなかった男の子たち。例えば、BUMP OF CHICKENを聴くのに10代の全ての耳を捧げた少年が、20歳でバンドを立ち上げるかもしれない。彼は大衆にウケるためにバンプをマネる不誠実さなどこれっぽっちも持ち合わせていない。しかし、彼にとって音楽とはBUMP OF CHICKENのみであり、自分のパッションに忠実であることはつまり、BUMP OF CHICKENをやることでしかないのだった。

    本題。最後のフォロワーは最も有能であり、音楽好きであった。
    私は勝手に志磨遼平に親近感を持っている。最後のフォロワーは、心粋してしまった偉大なバンドが持つ磁場の外部に、自身の身を置こうと強くもがき、そのための客観性を持ち合わせているフォロワー、アーティストだ。

    志磨遼平は多様な音楽が好きであり、多様な価値観を持ち合わせている。それはだれの真似でもなく、真にアーティティックだ。その前提の上で私は言いたい。志磨遼平は、銀杏BOYZの磁場にいた。

    『人間ビデオ』を聴いて思ったのは、さすがに遠くまで来たな、という印象だった。
    例えば長い黒髪や、なるたけ裸な男女の機微や、ピュアであることの定義や、あえて王道なポップスであろうとすることや、多様なカルチャーへの歩み寄りに、その細部はことごとくオリジナルであっても、峯田和伸の天然の流儀に習わざるを得ない志磨遼平の強い無意識を私は感じた。例えば、その高身長と長い手足を生かし、ファッショナブルであることへ自身をモチベートしていこうとする姿や、どれを聴いてもいい曲であれる技術には、峯田和伸から自由であれる強い有意識を感じた。

    そこから長い時間が経ち、志磨遼平は、どんどん自由になっている。言い換えれば、どんどん遊べるようになっている。音楽が多様であることを、切迫感に突き動かされて追いかけるのでなく、それ自体を遊べるようになってきている。

    『人間ビデオ』のスクリーモのようなラウドでマッチョなサウンドを聴いて、そう思った。峯田和伸は音楽で遊ばない。志磨遼平は峯田和伸の磁場をつくる核から、自由になっている。

    サビはさすがのグッドメロディだが、いっそのことAメロのラウドネスで押し通せば、そこには新しいファンの集まるドレスコーズの磁場ができたのではないだろうか。
    『偉大なバンドの磁場と志磨の無意識』 を詳しく ≫
  • カオティックという言葉がある。
    その言葉の選ばれ方において、カオティックと、カオスは全く別物である。

    カオスは字義通り混沌の意味。
    ジャンルレスであったり、特にそれが無秩序な印象につながっていたりすると人は、カオスな曲だ、と表現する。
    他方、カオティックはむしろ秩序だ。
    具体的には、スクリーモ、あるいはスクリーモ系のエモ、ハードコア、メタルコア、ミクスチャーロックなどを主戦場とするバンド達の、様式的で完成度高くセットアップされた変拍子や展開、音のキャラクターを褒める際に使われる。

    そう。
    本格ミステリは様式美だ。と言った小説家がいたが、同じようにカオティックも様式美である。
    スクリームがあり、ノイジーなパートがあり、メロウなパートがある。
    自己の内面に向き合った退廃的、破滅的な世界観。そして変拍子に転調、と音楽理論や演奏力をフルに発揮する。


    『自意識不明』も上記の様式美を満たした、実力派のカオティックソングだ。
    ツインペダルとメロディアスかつノイジーなリフの怒涛のスピード感。
    歌詞に魂をこめた切迫感のあるパンキッシュなスクリーム。
    ギターがクリーントーンになるメロウなパートも美しい。
    こんなときこそドラムは突っ張って捻ったパターンを叩く。
    そして歌詞。言葉でメッセージを表現することへの強い拘り。
    カオティックであるということは実力派ということなのだ。
    完全無欠であること。それは負の意味でのカオスの対極にある。


    nervous light of sundayほど本格的ではないが、同じようにカオティックなハードコアバンドの七弦ギタリストを努めていた友人がいた。
    彼は東京の高校を中退し、たくさんのバイトを経験しながらバンドでのデビューを目指していた。
    私のように学校では良い子で通ってた人種からすると、悪い友達も多そうな彼は、いわゆる不良っぽいところがあったが、音楽に対してストイックに追求するその様子には、姿勢の違いをひしひしと感じた。
    単にがむしゃらに夢を追うのではなく、彼には技術、知識への貪欲な向上心があり、事実それを身につけていた。
    ハードコアだけでなく、本当に多様なジャンルの音楽を聴き、映画やアニメにも詳しく、ピアノも弾けたようだ。

    彼には、とび職から転身したと言われるバンド『FACT』のキャリアにグッとくるような一面があった。それこそが彼の本質だと思う。
    しかし、持ち前のヤンキー気質で音楽のインテリジェンスに迫るその生き様には、同じ音楽好きとして考えさせられるものがあった。

    nervous light of sundayは大田区の大森出身のようだ。
    件の友人も東京だった。

    実は、彼がその後どうなったのかはわからない。
    『自意識不明』のスピーディーで艶やかなギターリフや、練られた楽曲構成に唸るとき、私は彼のことを思い出す。
    そしてこのシーンの層の厚さに、新たなヒーローの誕生を想像する。
    『カオティックとインテリジェンス』 を詳しく ≫

NEW MUSIC最新のおすすめ楽曲から音楽をみつける

  • 自意識不明

    nervous light of sunday

    カオティックという言葉がある。 その言葉の選ばれ方において、カオティックと、カオスは全く別物である。 カオスは字義通り混沌の意味。 ジャンルレスであったり、特にそれが無秩序な印象につながっていたりすると人は、カオスな曲だ、と表現する。 他方、カオティックはむしろ秩序だ。 具体的には、スクリーモ、あるいはスクリーモ系のエモ、ハードコア、メタルコア、ミクスチャーロックなどを主戦場とするバ

  • 人間ビデオ

    ドレスコーズ

    偉大なバンドは磁場をつくる。 多くのリスナーを惹きつけるためだけの磁場ではない。簡単に言えば、フォロワーを生むということだ。 多くの場合、フォロワーバンドというやつは幾つかの類型に分けることができる。 最も一般的なのが、単なるマネだ。そこにオトナのマーケティングがある。この感じがウケる。ロジカルシンキングに長けた企業人は、スピーディーにトレンドをキャッチし、商品に反映させることができる。

NEW REVIEW最新レビューから音楽をみつける

  • カオティックという言葉がある。
    その言葉の選ばれ方において、カオティックと、カオスは全く別物である。

    カオスは字義通り混沌の意味。
    ジャンルレスであったり、特にそれが無秩序な印象につながっていたりすると人は、カオスな曲だ、と表現する。
    他方、カオティックはむしろ秩序だ。
    具体的には、スクリーモ、あるいはスクリーモ系のエモ、ハードコア、メタルコア、ミクスチャーロックなどを主戦場とするバンド達の、様式的で完成度高くセットアップされた変拍子や展開、音のキャラクターを褒める際に使われる。

    そう。
    本格ミステリは様式美だ。と言った小説家がいたが、同じようにカオティックも様式美である。
    スクリームがあり、ノイジーなパートがあり、メロウなパートがある。
    自己の内面に向き合った退廃的、破滅的な世界観。そして変拍子に転調、と音楽理論や演奏力をフルに発揮する。


    『自意識不明』も上記の様式美を満たした、実力派のカオティックソングだ。
    ツインペダルとメロディアスかつノイジーなリフの怒涛のスピード感。
    歌詞に魂をこめた切迫感のあるパンキッシュなスクリーム。
    ギターがクリーントーンになるメロウなパートも美しい。
    こんなときこそドラムは突っ張って捻ったパターンを叩く。
    そして歌詞。言葉でメッセージを表現することへの強い拘り。
    カオティックであるということは実力派ということなのだ。
    完全無欠であること。それは負の意味でのカオスの対極にある。


    nervous light of sundayほど本格的ではないが、同じようにカオティックなハードコアバンドの七弦ギタリストを努めていた友人がいた。
    彼は東京の高校を中退し、たくさんのバイトを経験しながらバンドでのデビューを目指していた。
    私のように学校では良い子で通ってた人種からすると、悪い友達も多そうな彼は、いわゆる不良っぽいところがあったが、音楽に対してストイックに追求するその様子には、姿勢の違いをひしひしと感じた。
    単にがむしゃらに夢を追うのではなく、彼には技術、知識への貪欲な向上心があり、事実それを身につけていた。
    ハードコアだけでなく、本当に多様なジャンルの音楽を聴き、映画やアニメにも詳しく、ピアノも弾けたようだ。

    彼には、とび職から転身したと言われるバンド『FACT』のキャリアにグッとくるような一面があった。それこそが彼の本質だと思う。
    しかし、持ち前のヤンキー気質で音楽のインテリジェンスに迫るその生き様には、同じ音楽好きとして考えさせられるものがあった。

    nervous light of sundayは大田区の大森出身のようだ。
    件の友人も東京だった。

    実は、彼がその後どうなったのかはわからない。
    『自意識不明』のスピーディーで艶やかなギターリフや、練られた楽曲構成に唸るとき、私は彼のことを思い出す。
    そしてこのシーンの層の厚さに、新たなヒーローの誕生を想像する。
    『カオティックとインテリジェンス』 を詳しく ≫
  • 偉大なバンドは磁場をつくる。
    多くのリスナーを惹きつけるためだけの磁場ではない。簡単に言えば、フォロワーを生むということだ。

    多くの場合、フォロワーバンドというやつは幾つかの類型に分けることができる。
    最も一般的なのが、単なるマネだ。そこにオトナのマーケティングがある。この感じがウケる。ロジカルシンキングに長けた企業人は、スピーディーにトレンドをキャッチし、商品に反映させることができる。商品とは、売り出し中だけどテコ入れが必要な若手バンドかもしれないし、アイドルかもしれないし、若くして女優を兼業するシンガーソングライターかもしれない。
    有名になりたいアーティストはたくさんいる。彼らはオトナに、ソレとわからないように、マネさせられる。

    もう一つのフォロワーは、もう少しピュアなバンドたちだ。
    偉大なバンドに心粋するあまり、他の音楽が耳に入らなかった男の子たち。例えば、BUMP OF CHICKENを聴くのに10代の全ての耳を捧げた少年が、20歳でバンドを立ち上げるかもしれない。彼は大衆にウケるためにバンプをマネる不誠実さなどこれっぽっちも持ち合わせていない。しかし、彼にとって音楽とはBUMP OF CHICKENのみであり、自分のパッションに忠実であることはつまり、BUMP OF CHICKENをやることでしかないのだった。

    本題。最後のフォロワーは最も有能であり、音楽好きであった。
    私は勝手に志磨遼平に親近感を持っている。最後のフォロワーは、心粋してしまった偉大なバンドが持つ磁場の外部に、自身の身を置こうと強くもがき、そのための客観性を持ち合わせているフォロワー、アーティストだ。

    志磨遼平は多様な音楽が好きであり、多様な価値観を持ち合わせている。それはだれの真似でもなく、真にアーティティックだ。その前提の上で私は言いたい。志磨遼平は、銀杏BOYZの磁場にいた。

    『人間ビデオ』を聴いて思ったのは、さすがに遠くまで来たな、という印象だった。
    例えば長い黒髪や、なるたけ裸な男女の機微や、ピュアであることの定義や、あえて王道なポップスであろうとすることや、多様なカルチャーへの歩み寄りに、その細部はことごとくオリジナルであっても、峯田和伸の天然の流儀に習わざるを得ない志磨遼平の強い無意識を私は感じた。例えば、その高身長と長い手足を生かし、ファッショナブルであることへ自身をモチベートしていこうとする姿や、どれを聴いてもいい曲であれる技術には、峯田和伸から自由であれる強い有意識を感じた。

    そこから長い時間が経ち、志磨遼平は、どんどん自由になっている。言い換えれば、どんどん遊べるようになっている。音楽が多様であることを、切迫感に突き動かされて追いかけるのでなく、それ自体を遊べるようになってきている。

    『人間ビデオ』のスクリーモのようなラウドでマッチョなサウンドを聴いて、そう思った。峯田和伸は音楽で遊ばない。志磨遼平は峯田和伸の磁場をつくる核から、自由になっている。

    サビはさすがのグッドメロディだが、いっそのことAメロのラウドネスで押し通せば、そこには新しいファンの集まるドレスコーズの磁場ができたのではないだろうか。
    『偉大なバンドの磁場と志磨の無意識』 を詳しく ≫
line_banner
Reflection“A”
Reflection“A”
posted with amazlet at 17.08.12
トライアンパサンディ
No Big Deal Records (2014-07-16)
売り上げランキング: 145,966
パラノイアン“X”
パラノイアン“X”
posted with amazlet at 17.08.12
トライアンパサンディ
No Big Deal Records (2015-09-09)
売り上げランキング: 189,583
GOLLING!!
GOLLING!!
posted with amazlet at 17.08.12
GOLLBETTY
LD&K (2006-06-07)
売り上げランキング: 316,172