ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

TAG SEARCH : パンクのタグがついた曲

RANDOM MUSICランダムおすすめ楽曲から音楽をみつける

  • ANOTHER STARTING LINE

    Hi-STANDARD

    メロコアと言われる音楽が持つポップ感ってわりと様式美的なものがあって、どんなにメロディックであろうと刺さらない人には全く刺さらなかったりする。かく言う私も、メロコアを聴くときは、「あーメロコアのメロコア感気持ち良いー」的なチャネルが活性化されている状態に無意識に合わせているもので、言うなればそれは一種の敷居だったりする。 『ANOTHER STARTING LINE』がスゴく良かったのは、メ

  • あの娘のギターはタイムマシン

    円盤少女

    円盤少女の和田純次はめっちゃ良いメロディを書く。 ただただ良いメロディを書く。 それ以上でもそれ以下でもない。良いメロディを書く。 これ。きっとまだ世の中のほとんどの人は知らないと思うんだけど、私は声を大にして言いたい。この人の書くメロディは良い。 明るく切ない、日本の歌謡曲の正道を行く美しいメロディだ。 とてもベタで王道だ。 でも決して安易ではない。 あーあ。ってなりそ

  • STAY YOUNG

    THE SENSATIONS

    インターネット上の「次はこのバンドがくる!」なんて記事はすべて面白くない。バラエティ番組では、面白い発言にテロップがつくのではなくテロップをつけることでそれが面白いことであると決まっていくように、若手バンドのフィーチャー記事の背後を辿れば、そのバンドが既に選ばれているという事実にブチ当たる。 次のバンドとして選ばれたバンドは、永久機関になったビリヤードのように玉突きと補充の対象になる。

  • Make a song

    パンクロッカー労働組合

    いまどきこんな純度の高いなハードコアバンドがいたとは。 シンプルなリフが良い。 結局グッドメロディじゃないか、みたいな甘っちょろいところが無いのが良い。 こんなバンドに対してあえて言いたいが、パンクロッカー労働組合はとても音楽的である。 激しいだけの音楽ならいくらでも生まれうる世の中で、本当の激情はヤケクソの絶叫や衝動の雑な発散ではなく、ゾクゾクするリフや、それと丁寧に一体

RANDOM REVIEWランダムレビューから音楽をみつける

  • メロコアと言われる音楽が持つポップ感ってわりと様式美的なものがあって、どんなにメロディックであろうと刺さらない人には全く刺さらなかったりする。かく言う私も、メロコアを聴くときは、「あーメロコアのメロコア感気持ち良いー」的なチャネルが活性化されている状態に無意識に合わせているもので、言うなればそれは一種の敷居だったりする。

    『ANOTHER STARTING LINE』がスゴく良かったのは、メロコアの様式美に確信犯的に倣っていながら、それに楽曲が全く依存していなかったことだ。

    もしかしたらこの言い方は正しくないかもしれない。
    事実、『ANOTHER STARTING LINE』の武器は間違いなくメロコアのハーモニーであり、メロコアのコーラスであり、メロコアの歪みであり、メロコアのブリッジミュートであり、メロコアのビートだ。その意味で、その構成要素は何から何までおなじみのもので出来ている。

    しかし次のような明白な差異もある。
    Aメロ、Bメロ、サビ、Aメロ、Bメロ、サビ、間奏、Bメロ、サビ。

    『ANOTHER STARTING LINE』は構成が明確だ。
    そして、メロディがロングトーンだ。

    私が初めて、Hi-STANDARDを知ったのは『My First Kiss』だった。
    御存知の通りこの代表曲はカバー曲だ。彼らの本来の持ち味は『Stay Gold』に代表される、もっともっと性急でタイトな譜割り、ストイックな曲構成、ビューティーになりすぎないハッピーなメロディにある。

    『ANOTHER STARTING LINE』で思い出した非メロコア的な普遍性は『My First Kiss』だった。


    メンバーが口に出しているかは分からないが、90年代のパンクシーンを通過した人々が共通して使う言葉がある。
    「キッズ」だ。90'パンクの人たちは、イノセントでピースフルなアティチュードとして、キッズという言葉を大切にしている。

    『ANOTHER STARTING LINE』が持ち合わせて"いない"のは「キッズ」なのだと思う。逆説的に次のことが言える。キッズの音楽のアイデンティティとなっているのは上記三つの要素、性急でタイトな譜割り、ストイックな曲構成、ビューティーになりすぎないハッピーなメロディなのだ。

    大人になったHi-STANDARDのなにが評価できるって、それは「キッズ」に固執しなかったことだ。パンクは年齢に宿る魔法ではない。当たり前のことだが、誰よりもHi-STANDARDがそれを実践したことは、私たちにとって堪らなく心強い。
    『キッズとメロコアの様式美』 を詳しく ≫
  • いまどきこんな純度の高いなハードコアバンドがいたとは。


    シンプルなリフが良い。
    結局グッドメロディじゃないか、みたいな甘っちょろいところが無いのが良い。


    こんなバンドに対してあえて言いたいが、パンクロッカー労働組合はとても音楽的である。
    激しいだけの音楽ならいくらでも生まれうる世の中で、本当の激情はヤケクソの絶叫や衝動の雑な発散ではなく、ゾクゾクするリフや、それと丁寧に一体化したメロディにこそ宿るのだと思い出させてくれる曲。
    作曲も良いが演奏も良い。
    パンクだから下手でも良いなんてのは、何かの勘違いだったのだろう。
    気持ちは表現に宿る。であれば、表現力というやつは確かに必要なのだ。


    実情は分からないが、このパンクバンドは、日本のメロコア、ポップパンク、青春パンクを通過した形跡が見当たらない。少なくともその形跡が残っていない。
    なによりもそれがすごいと思う。
    一見、初期パンクやアングラパンク然としたバンドでも、入り口はモンパチだったみたいなバンドは沢山いる。
    カップリングやアルバムでハードなサウンドや反体制をブっても、リードシングルではZARDと同じコード進行じゃねえか、みたいなやつらだ。
    しかし、パンクロッカー労働組合は60~70年代の国内パンクのどぎつい感じこそが核になっており、決してそれが背伸びでも虚勢でもないことが一聴してわかる。

    INUやあぶらだこに影響を受けているのだろうか。
    プロレタリアートのグツグツと煮えた魂にバリバリのリアリティを感じる。
    とはいえ時代は違うのだ。混沌が煌めいた60年代はとっくに終わり、現代は、強い主張は何もかもが斜に構えた正論に封じられる10年代だ。
    この開き直り悟り社会で、その迷いの無さをどうやって、どこで育ててこれたのだろうか。
    絶滅危惧種を見た気分になってくる。
    しかし、それは決して時代錯誤なんかじゃないことが音楽を聴けば分かる。
    これが流行ったら日本も捨てたもんじゃない。


    彼らが拠点にしている高円寺にはまだこんな雰囲気があるのだとしたら、沿線に住んでいる私はすぐに引っ越したほうが良い。PVのクリエイティブや、デモ活動など含めて、気持ち良いほどブレがない。
    これが流行ったら日本も捨てたもんじゃない。
    ていうかオーバーグラウンドになるのは無理じゃないのか。
    すっごい好きだけど。

    あと、ネット上では普通にピースフルなのも面白い。ここだけ現代風。
    『絶滅危惧種を見た気分』 を詳しく ≫
  • 円盤少女の和田純次はめっちゃ良いメロディを書く。
    ただただ良いメロディを書く。
    それ以上でもそれ以下でもない。良いメロディを書く。

    これ。きっとまだ世の中のほとんどの人は知らないと思うんだけど、私は声を大にして言いたい。この人の書くメロディは良い。


    明るく切ない、日本の歌謡曲の正道を行く美しいメロディだ。
    とてもベタで王道だ。
    でも決して安易ではない。
    あーあ。ってなりそうなギリギリのところで、メロディが逆方向に折れ曲がって、オッて思わせてくれる。ギリギリのところでコード進行にもうワンチャンスある。

    新しいメロディはもう生まれないと、もう何年も前から言われている。
    事実、最先端と呼ばれるアーティストたちは、歌ものなんてとっくに諦めている。

    和田純次のメロディは新しくないかもしれない。
    でも、あーあ。ってなっちゃう安易なメロディじゃない。
    古典的な歌謡曲が永久欠番にしてしまったズルいメロディたちを、ギリギリのところで使いこなしている。
    こんなことできるソングライター、いまほとんどいないと思う。織田哲郎とかそういうレベルだと思う。
    これはけっこう真面目に思っているんだけど。


    和田純次はメロディメイクの際の綱渡り的なベクトルを、歌詞でも志向している。歌詞も良いと思う。ベタで甘く青い世界観だけど、こっ恥ずかしくない。言葉も自分の言葉だ。歌の題材も彼の世界から出てきている。聴けば分かる。上手いと思う。ああ素敵だなと思う。

    サウンドはシンプルだ。
    いじわるに言えば、意外性はない。
    しかし、メロディと歌詞の良さがビンビンに響いてくる潔いバンドサウンドだ。
    ギターのリフやオブリガードも、ポップスに相応しいメロディを鳴らしていると思う。

    『あの娘のギターはタイムマシン』は彼らの中でも特に完成度の高い曲だ。完璧だと思う。大好きだ。美しいメロディだなと思う。中学生のとき、はじめてのCDを買う前に『小さな恋のうた』を口ずさんでいたように、『あの娘のギターはタイムマシン』を口ずさんでいる自分がいる。


    日本のロックは案外悪くない歴史を歩んできたのかもしれない。
    円盤少女を聴いてそう思った。
    こんな何の変哲もないバンドサウンドと歌心のあるメロディだけで、それでもグッと来てしまう。私もいろんな音楽を聴いてきた気がするんだけど、いろんな理屈を知ってきた気がするんだけど、理屈じゃないんだなあと思う。


    しかし、私もこれを書いていて思うが、円盤少女と和田純次の良さを言葉にするのは随分とむずかしい。理屈による証明に持っていけない。だから私は円盤少女の良さを伝える、誰もが納得してくれる文章を完成させることを諦めた。だからこんな取り留めのない文章を書いている。大したことは何も書けてはいないけど、ここで一発何かしら書いておかないと、自分自身の耳に不誠実な気がしたから。円盤少女に不誠実なんじゃない、自分にとっての不誠実。まじで良いと思ったんだぜ。

    私は円盤少女の追っかけにはならないだろう。今だって、ファンだなんて自信持てるほど聴き込んではいないのかもしれない。でも今後、彼らによってもっと良い曲が書かれるだろうと私は普通に思っている。それを自分は聴くだろうなと思う。
    『歌謡曲が永久欠番にしたメロディ』 を詳しく ≫
  • インターネット上の「次はこのバンドがくる!」なんて記事はすべて面白くない。バラエティ番組では、面白い発言にテロップがつくのではなくテロップをつけることでそれが面白いことであると決まっていくように、若手バンドのフィーチャー記事の背後を辿れば、そのバンドが既に選ばれているという事実にブチ当たる。

    次のバンドとして選ばれたバンドは、永久機関になったビリヤードのように玉突きと補充の対象になる。

    次のバンドを聴きたい人や次のバンドで連帯したい人や次のバンドを書きたい人はたくさんいる。それは少しだけ金を産むし、それよりたくさんの自尊心をみんなに置いていく。次のバンドは、そうしてインターネットの海にリズミカルに吐き出されてくる。

    THE SENSATIONSの『STAY YOUNG』を聴いたとき、私は満を持して、「次はこのバンドがくる!」を書こうと思った。意外とキャリアがあったこと以外に、それを思い直した理由は、もはやそんな記事は誰の役にも立たないからだ。ある種の人は、次のバンドを次のバンドであるという理由で愛する。そんな世界に与するのはたとえ1000字だけでもよしたほうが良い。

    『STAY YOUNG』はとても良い曲だった。
    なるほど、「モータウン、ノーザンソウルなどの60'sフレーバーをPUNKのテンションで吐き出す」がモットーらしい。とはいえ直接的な影響は90's後半のジャパニーズインディーパンク/スカコアシーンだと考えるのが自然だ。
    DIY。自主レーベル。英語詞。SAX。突き抜けて輝くサビのメロディ。カッティング。半ズボン。ハッピーな仲間意識。
    蘇るそれは輝いていた90'Sの意匠たちだ。それもまたTHE SENSATIONSの魅力。

    イントロから展開の多さが目立つ。小技も効いている。ペコペコのスネアに引っ張られ所々で過剰に曲が前のめりになるのは意図してのことだろう。メロディの畳み掛けも同様だ。感覚でやっているのだろうが、こういうセンスは少しばかりユニークで、耳を持っていく力がある。間奏でボーカルの大澤氏が「おえおえ」言ってるが意味がわからない。ナイスである。サビメロの威力は十分だ。ラフなコーラスも。ここだけは王道が良い。全体的に演奏でなくボーカルがいい具合に曲を壊していく。おどけた歌い方や、安っぽい歌い方を駆使し、格好がつかないままスピーディーに次の展開に入る。ギターの音作りは高音域にフォーカスされることで出しゃばらない。風通しが良い。

    THE SENSATIONSのキャリアは長い。おまけにレーベル運営も行っているとなれば、音楽的視野の広さはなかなかのものだろう。パンクと言えども、その性能は上述のように端々で磨かれ続けている。

    パンクで音楽にハマると厄介だと思う。練習を積み重ねて上手になる、という楽器をやる上での当たり前のアティチュードを素直に愛せなくなるからだ。人はパンクの精神に感銘する。しかし、プレイヤー側に回ると、聴ける音楽を提供しなければ、というこれまた当たり前な命題を前にしてそのアイデンティティが揺らいでしまうのだ。だから訳がわからなくなって、間奏で「おえおえ」言うような、余計なことをやってしまう。

    その閉塞を打破するために、パンクはコミュニティに向けてローカライズされやすい。他ジャンルとがっぷり四つに結婚したり、ユーモアが発達したり。鑑賞に応えないならブレンドするか、鑑賞させずに爆笑させれば良いという魂胆だ。THE SENSATIONSもそれらを高度なレベルで実現している。


    日本でも特にパンクは独自の進化と独自のコミュニティを育んだジャンルだと思う。I HATE SMOKE RECORDSはその極北に在る。パンクはしぶとく、タフな音楽だ。こうして形を変えて「おえおえ」言いながら無理して進化していく。それはとてもすばらしいこと。
    『ローカライズパンクの極北』 を詳しく ≫

NEW MUSIC最新のおすすめ楽曲から音楽をみつける

  • あの娘のギターはタイムマシン

    円盤少女

    円盤少女の和田純次はめっちゃ良いメロディを書く。 ただただ良いメロディを書く。 それ以上でもそれ以下でもない。良いメロディを書く。 これ。きっとまだ世の中のほとんどの人は知らないと思うんだけど、私は声を大にして言いたい。この人の書くメロディは良い。 明るく切ない、日本の歌謡曲の正道を行く美しいメロディだ。 とてもベタで王道だ。 でも決して安易ではない。 あーあ。ってなりそ

  • STAY YOUNG

    THE SENSATIONS

    インターネット上の「次はこのバンドがくる!」なんて記事はすべて面白くない。バラエティ番組では、面白い発言にテロップがつくのではなくテロップをつけることでそれが面白いことであると決まっていくように、若手バンドのフィーチャー記事の背後を辿れば、そのバンドが既に選ばれているという事実にブチ当たる。 次のバンドとして選ばれたバンドは、永久機関になったビリヤードのように玉突きと補充の対象になる。

  • Make a song

    パンクロッカー労働組合

    いまどきこんな純度の高いなハードコアバンドがいたとは。 シンプルなリフが良い。 結局グッドメロディじゃないか、みたいな甘っちょろいところが無いのが良い。 こんなバンドに対してあえて言いたいが、パンクロッカー労働組合はとても音楽的である。 激しいだけの音楽ならいくらでも生まれうる世の中で、本当の激情はヤケクソの絶叫や衝動の雑な発散ではなく、ゾクゾクするリフや、それと丁寧に一体

  • ANOTHER STARTING LINE

    Hi-STANDARD

    メロコアと言われる音楽が持つポップ感ってわりと様式美的なものがあって、どんなにメロディックであろうと刺さらない人には全く刺さらなかったりする。かく言う私も、メロコアを聴くときは、「あーメロコアのメロコア感気持ち良いー」的なチャネルが活性化されている状態に無意識に合わせているもので、言うなればそれは一種の敷居だったりする。 『ANOTHER STARTING LINE』がスゴく良かったのは、メ

NEW REVIEW最新レビューから音楽をみつける

  • 円盤少女の和田純次はめっちゃ良いメロディを書く。
    ただただ良いメロディを書く。
    それ以上でもそれ以下でもない。良いメロディを書く。

    これ。きっとまだ世の中のほとんどの人は知らないと思うんだけど、私は声を大にして言いたい。この人の書くメロディは良い。


    明るく切ない、日本の歌謡曲の正道を行く美しいメロディだ。
    とてもベタで王道だ。
    でも決して安易ではない。
    あーあ。ってなりそうなギリギリのところで、メロディが逆方向に折れ曲がって、オッて思わせてくれる。ギリギリのところでコード進行にもうワンチャンスある。

    新しいメロディはもう生まれないと、もう何年も前から言われている。
    事実、最先端と呼ばれるアーティストたちは、歌ものなんてとっくに諦めている。

    和田純次のメロディは新しくないかもしれない。
    でも、あーあ。ってなっちゃう安易なメロディじゃない。
    古典的な歌謡曲が永久欠番にしてしまったズルいメロディたちを、ギリギリのところで使いこなしている。
    こんなことできるソングライター、いまほとんどいないと思う。織田哲郎とかそういうレベルだと思う。
    これはけっこう真面目に思っているんだけど。


    和田純次はメロディメイクの際の綱渡り的なベクトルを、歌詞でも志向している。歌詞も良いと思う。ベタで甘く青い世界観だけど、こっ恥ずかしくない。言葉も自分の言葉だ。歌の題材も彼の世界から出てきている。聴けば分かる。上手いと思う。ああ素敵だなと思う。

    サウンドはシンプルだ。
    いじわるに言えば、意外性はない。
    しかし、メロディと歌詞の良さがビンビンに響いてくる潔いバンドサウンドだ。
    ギターのリフやオブリガードも、ポップスに相応しいメロディを鳴らしていると思う。

    『あの娘のギターはタイムマシン』は彼らの中でも特に完成度の高い曲だ。完璧だと思う。大好きだ。美しいメロディだなと思う。中学生のとき、はじめてのCDを買う前に『小さな恋のうた』を口ずさんでいたように、『あの娘のギターはタイムマシン』を口ずさんでいる自分がいる。


    日本のロックは案外悪くない歴史を歩んできたのかもしれない。
    円盤少女を聴いてそう思った。
    こんな何の変哲もないバンドサウンドと歌心のあるメロディだけで、それでもグッと来てしまう。私もいろんな音楽を聴いてきた気がするんだけど、いろんな理屈を知ってきた気がするんだけど、理屈じゃないんだなあと思う。


    しかし、私もこれを書いていて思うが、円盤少女と和田純次の良さを言葉にするのは随分とむずかしい。理屈による証明に持っていけない。だから私は円盤少女の良さを伝える、誰もが納得してくれる文章を完成させることを諦めた。だからこんな取り留めのない文章を書いている。大したことは何も書けてはいないけど、ここで一発何かしら書いておかないと、自分自身の耳に不誠実な気がしたから。円盤少女に不誠実なんじゃない、自分にとっての不誠実。まじで良いと思ったんだぜ。

    私は円盤少女の追っかけにはならないだろう。今だって、ファンだなんて自信持てるほど聴き込んではいないのかもしれない。でも今後、彼らによってもっと良い曲が書かれるだろうと私は普通に思っている。それを自分は聴くだろうなと思う。
    『歌謡曲が永久欠番にしたメロディ』 を詳しく ≫
  • インターネット上の「次はこのバンドがくる!」なんて記事はすべて面白くない。バラエティ番組では、面白い発言にテロップがつくのではなくテロップをつけることでそれが面白いことであると決まっていくように、若手バンドのフィーチャー記事の背後を辿れば、そのバンドが既に選ばれているという事実にブチ当たる。

    次のバンドとして選ばれたバンドは、永久機関になったビリヤードのように玉突きと補充の対象になる。

    次のバンドを聴きたい人や次のバンドで連帯したい人や次のバンドを書きたい人はたくさんいる。それは少しだけ金を産むし、それよりたくさんの自尊心をみんなに置いていく。次のバンドは、そうしてインターネットの海にリズミカルに吐き出されてくる。

    THE SENSATIONSの『STAY YOUNG』を聴いたとき、私は満を持して、「次はこのバンドがくる!」を書こうと思った。意外とキャリアがあったこと以外に、それを思い直した理由は、もはやそんな記事は誰の役にも立たないからだ。ある種の人は、次のバンドを次のバンドであるという理由で愛する。そんな世界に与するのはたとえ1000字だけでもよしたほうが良い。

    『STAY YOUNG』はとても良い曲だった。
    なるほど、「モータウン、ノーザンソウルなどの60'sフレーバーをPUNKのテンションで吐き出す」がモットーらしい。とはいえ直接的な影響は90's後半のジャパニーズインディーパンク/スカコアシーンだと考えるのが自然だ。
    DIY。自主レーベル。英語詞。SAX。突き抜けて輝くサビのメロディ。カッティング。半ズボン。ハッピーな仲間意識。
    蘇るそれは輝いていた90'Sの意匠たちだ。それもまたTHE SENSATIONSの魅力。

    イントロから展開の多さが目立つ。小技も効いている。ペコペコのスネアに引っ張られ所々で過剰に曲が前のめりになるのは意図してのことだろう。メロディの畳み掛けも同様だ。感覚でやっているのだろうが、こういうセンスは少しばかりユニークで、耳を持っていく力がある。間奏でボーカルの大澤氏が「おえおえ」言ってるが意味がわからない。ナイスである。サビメロの威力は十分だ。ラフなコーラスも。ここだけは王道が良い。全体的に演奏でなくボーカルがいい具合に曲を壊していく。おどけた歌い方や、安っぽい歌い方を駆使し、格好がつかないままスピーディーに次の展開に入る。ギターの音作りは高音域にフォーカスされることで出しゃばらない。風通しが良い。

    THE SENSATIONSのキャリアは長い。おまけにレーベル運営も行っているとなれば、音楽的視野の広さはなかなかのものだろう。パンクと言えども、その性能は上述のように端々で磨かれ続けている。

    パンクで音楽にハマると厄介だと思う。練習を積み重ねて上手になる、という楽器をやる上での当たり前のアティチュードを素直に愛せなくなるからだ。人はパンクの精神に感銘する。しかし、プレイヤー側に回ると、聴ける音楽を提供しなければ、というこれまた当たり前な命題を前にしてそのアイデンティティが揺らいでしまうのだ。だから訳がわからなくなって、間奏で「おえおえ」言うような、余計なことをやってしまう。

    その閉塞を打破するために、パンクはコミュニティに向けてローカライズされやすい。他ジャンルとがっぷり四つに結婚したり、ユーモアが発達したり。鑑賞に応えないならブレンドするか、鑑賞させずに爆笑させれば良いという魂胆だ。THE SENSATIONSもそれらを高度なレベルで実現している。


    日本でも特にパンクは独自の進化と独自のコミュニティを育んだジャンルだと思う。I HATE SMOKE RECORDSはその極北に在る。パンクはしぶとく、タフな音楽だ。こうして形を変えて「おえおえ」言いながら無理して進化していく。それはとてもすばらしいこと。
    『ローカライズパンクの極北』 を詳しく ≫
  • いまどきこんな純度の高いなハードコアバンドがいたとは。


    シンプルなリフが良い。
    結局グッドメロディじゃないか、みたいな甘っちょろいところが無いのが良い。


    こんなバンドに対してあえて言いたいが、パンクロッカー労働組合はとても音楽的である。
    激しいだけの音楽ならいくらでも生まれうる世の中で、本当の激情はヤケクソの絶叫や衝動の雑な発散ではなく、ゾクゾクするリフや、それと丁寧に一体化したメロディにこそ宿るのだと思い出させてくれる曲。
    作曲も良いが演奏も良い。
    パンクだから下手でも良いなんてのは、何かの勘違いだったのだろう。
    気持ちは表現に宿る。であれば、表現力というやつは確かに必要なのだ。


    実情は分からないが、このパンクバンドは、日本のメロコア、ポップパンク、青春パンクを通過した形跡が見当たらない。少なくともその形跡が残っていない。
    なによりもそれがすごいと思う。
    一見、初期パンクやアングラパンク然としたバンドでも、入り口はモンパチだったみたいなバンドは沢山いる。
    カップリングやアルバムでハードなサウンドや反体制をブっても、リードシングルではZARDと同じコード進行じゃねえか、みたいなやつらだ。
    しかし、パンクロッカー労働組合は60~70年代の国内パンクのどぎつい感じこそが核になっており、決してそれが背伸びでも虚勢でもないことが一聴してわかる。

    INUやあぶらだこに影響を受けているのだろうか。
    プロレタリアートのグツグツと煮えた魂にバリバリのリアリティを感じる。
    とはいえ時代は違うのだ。混沌が煌めいた60年代はとっくに終わり、現代は、強い主張は何もかもが斜に構えた正論に封じられる10年代だ。
    この開き直り悟り社会で、その迷いの無さをどうやって、どこで育ててこれたのだろうか。
    絶滅危惧種を見た気分になってくる。
    しかし、それは決して時代錯誤なんかじゃないことが音楽を聴けば分かる。
    これが流行ったら日本も捨てたもんじゃない。


    彼らが拠点にしている高円寺にはまだこんな雰囲気があるのだとしたら、沿線に住んでいる私はすぐに引っ越したほうが良い。PVのクリエイティブや、デモ活動など含めて、気持ち良いほどブレがない。
    これが流行ったら日本も捨てたもんじゃない。
    ていうかオーバーグラウンドになるのは無理じゃないのか。
    すっごい好きだけど。

    あと、ネット上では普通にピースフルなのも面白い。ここだけ現代風。
    『絶滅危惧種を見た気分』 を詳しく ≫
  • メロコアと言われる音楽が持つポップ感ってわりと様式美的なものがあって、どんなにメロディックであろうと刺さらない人には全く刺さらなかったりする。かく言う私も、メロコアを聴くときは、「あーメロコアのメロコア感気持ち良いー」的なチャネルが活性化されている状態に無意識に合わせているもので、言うなればそれは一種の敷居だったりする。

    『ANOTHER STARTING LINE』がスゴく良かったのは、メロコアの様式美に確信犯的に倣っていながら、それに楽曲が全く依存していなかったことだ。

    もしかしたらこの言い方は正しくないかもしれない。
    事実、『ANOTHER STARTING LINE』の武器は間違いなくメロコアのハーモニーであり、メロコアのコーラスであり、メロコアの歪みであり、メロコアのブリッジミュートであり、メロコアのビートだ。その意味で、その構成要素は何から何までおなじみのもので出来ている。

    しかし次のような明白な差異もある。
    Aメロ、Bメロ、サビ、Aメロ、Bメロ、サビ、間奏、Bメロ、サビ。

    『ANOTHER STARTING LINE』は構成が明確だ。
    そして、メロディがロングトーンだ。

    私が初めて、Hi-STANDARDを知ったのは『My First Kiss』だった。
    御存知の通りこの代表曲はカバー曲だ。彼らの本来の持ち味は『Stay Gold』に代表される、もっともっと性急でタイトな譜割り、ストイックな曲構成、ビューティーになりすぎないハッピーなメロディにある。

    『ANOTHER STARTING LINE』で思い出した非メロコア的な普遍性は『My First Kiss』だった。


    メンバーが口に出しているかは分からないが、90年代のパンクシーンを通過した人々が共通して使う言葉がある。
    「キッズ」だ。90'パンクの人たちは、イノセントでピースフルなアティチュードとして、キッズという言葉を大切にしている。

    『ANOTHER STARTING LINE』が持ち合わせて"いない"のは「キッズ」なのだと思う。逆説的に次のことが言える。キッズの音楽のアイデンティティとなっているのは上記三つの要素、性急でタイトな譜割り、ストイックな曲構成、ビューティーになりすぎないハッピーなメロディなのだ。

    大人になったHi-STANDARDのなにが評価できるって、それは「キッズ」に固執しなかったことだ。パンクは年齢に宿る魔法ではない。当たり前のことだが、誰よりもHi-STANDARDがそれを実践したことは、私たちにとって堪らなく心強い。
    『キッズとメロコアの様式美』 を詳しく ≫
Good New Times
Good New Times
posted with amazlet at 16.12.25
Gotch
only in dreams (2016-07-13)
売り上げランキング: 7,712
Can’t Be Forever Young
Can’t Be Forever Young
posted with amazlet at 16.12.25
Gotch
only in dreams (2014-04-30)
売り上げランキング: 23,967
何度でもオールライトと歌え
後藤正文
ミシマ社
売り上げランキング: 34,903
オン・ザ・ロード (河出文庫)
ジャック・ケルアック
河出書房新社
売り上げランキング: 13,814
×
  • RT @gotch_akg: 日本に戻ったら、ドカンと8時間くらい寝たい。ずっと細切れの睡眠だから。そういうなかでも夢は見るもんで、トム・クルーズのアンビエントノイズバンドにギタリストとして参加して、偶発的なノイズを「それがいいからもう一回やれ」と無茶振りされまくって、困り果て… by @ZeroBeat_BOT