ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

気持ちよさに強振されたセンス

上質だ。これぞ真の音楽好きが真の音楽好きに自信をもってレコメンドできる最高に上質でソフィスティケートされたジャンル越境ポップロックミュージックだ。

ベースが良い。
超聴こえる。
ベースを聴かせるバンドは大抵良いバンドだ。
ドラムが良い。
タムで刻み、金物をキーボードのように聴かせるバンドは大抵良いバンドだ。
テクニカルなのに、編曲に嫌味がない。
こういうのをズルいと言う。

アートワークを見ろ。ホームページを見ろ。
ハイセンスってのは信仰なんだ。

考えてみたい。
ceroの良さってなんだろうか。
わかっている。言うまでもなくこのテキストスペースはそのために存在する。
しかし、あらためて、音楽が良いってなんだろうか、と考えてしまいたくなる何かがceroにはある。

相撲取りは強ければ横綱になれる。
しかし、ポップミュージックの世界では、そうはいかない。
つよさ以外に、かっこよさやかしこさやすばやさやぼうぎょやHPやMPが必要であり、その総合力が大衆の支持を決定づける。

ルックスが良いとか、組手が斬新だとか、ブログが面白いとか、インタビューでの知的な振る舞いとか、炎上耐性があるとか、そんなことは相撲取りの収入には関係ない。
しかしバンドマンの収入には関係してくるのだ。

結論から言えば、ceroはそんな他のステータスを無視して、強さだけで横綱になってしまった珍しいバンドなのではないか、と考えている。


強さとは、音だ。簡単に言えば、リズムとハーモニーの構築力と再現力だ。
イデオロギーはない。ルックスもキャラクターも地味だ。キラキラした男の子たちでもない。メロディは突出しない。そんなceroが備えていたものは、難攻不落な演奏技術、構築技術、音の算術技術、気持ちよさに強振されたセンスだ。
つまり、音楽的強さのみでceroは横綱の座を掴み取ったのだ。

「ceroいいよ」
偉い人も、新しい音楽を気にしてるただの友人たちも、揃いも揃ってそう言い始めた。
正直な話、偉い人のすすめる音楽や、新しい音楽ばかり気にしてる人が選ぶ音楽に私はいつも辟易している。音楽は進歩するが、進歩させるものではない。ずっと昔からそこにあって、ずっと昔からすでに美しかったものだからだ。

とはいえ、私もceroを聴いてみた。
その結果がこれである。
( Written Nov 20, 2016 )

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

Written by 管理人

https://twitter.com/ZeroBeat_BOT

管理人。旅とビールが好きなゆとり世代

邦楽ロックタグの関連楽曲

  • セツナ

    サニーデイ・サービス

    曽我部恵一は紛れもないミュージシャンズミュージシャンズだ。先輩後輩問わず他のバンドマンや評論家に、曽我部恵一という人間はあまりに讃えられている。愛されすぎて逆に胡散臭いくらいだ。 同業者に愛されるにはいくつか理由がある。人柄もそうだろう。しかしそれよりも鍵になるのは、同じプロであってもなかなかマネできない、マネしようとしない音楽をやっていることだ。 他のミュージシャンに出来なくて、曽我

  • Good New Times

    Gotch

    バンドマンのソロを聴くのは好きだ。 その人が、バンドとソロ、公と私をどのように分断するのか。 その境目をどの地点に置くか。音なのか、歌詞なのか。仕事と趣味なのか。 一番好きなジャンルと、二番目に好きなジャンルなのか。 それまでのバンド作品では、プライベートな音楽を鳴らしていたのか。 そうではなかったのか。 ソロ作品をリリースするとたくさんのことが見えてくる。 『Good

  • Ice Candy

    カフカ

    IceCandy、良いギターロックである。 突風のように蒼い轟音と疾走感。歌詞の断片のブライトな響き。 歪んだシングルコイル、ディレイ。気持ち良い。 ときは2000年代前半。 私たち日本生まれのゆとり第一世代は思春期に差し掛かり、ある遺伝子変革に遭遇したのだと思う。 ギターロックという本能の誕生である。 禁断の果実はBUMP OF CHICKENだったのだろうか。 あるい

  • 恋人ができたんだ

    My Hair is Bad

    若々しい。イマドキの若者感、イマドキの恋愛感をどストレートに感じ取れる曲だ。 大衆文化は世相を反映する。とくに音楽はそうだ。 では、どんな大衆音楽が、世相を感じ取るのに向いている音楽なのだろうか。 メッセージ性のある社会派ロックだろうか。海外の最先端を捉えたヒップホップだろうか。インテリジェンスのあるシティポップだろうか。DIYなインディーパンクだろうか。 私は、若者が書いたラブソ

  • ハッピーエンド

    back number

    Mr.Children、コブクロ。 わかる。わかるよ、清水依与吏。 back numberが先達から非常に強い影響を受けているのがわかる。 いや、影響という言い方は間違っているかもしれない。 それは、遺伝に近い。 ハッピーエンドは、ドラマティックなバラードである。 他のback numberのバラードと同じように。 日本人好みのメロディライン、切ない恋心の歌詞。 ストリング

  • ランアンドラン

    KANA-BOON

    若手正統派ロックバンドの大本命としてここ数年認知されているが、その原型は言われるほど「正統派」では無かった気がする。百歩譲ってイケメンでないことは置いておくとしても、谷口鮪の声には独特のねちっこさがあったし、楽曲もポップではあるが日本人好みの泣きメロは比較的少なかった。古賀隼斗のギターはまあまあ主張が強かったし。2013年のサマソニを見た時点で、ロックバンドらしさは抜群だったが、大衆の心を掴むなら

  • Swan

    [Alexandros]

    なんでこんなに顔がかっこいいのか、という疑問に対して誰も何も答えてくれないバンドナンバーワン。 曲もかっこいい。電子ビートとフェイザー?感のある揺らしたボーカルによる淡々とした始まりからして、新参者のパブリックイメージの外側から攻めてくる。この感触はどこから引っ張ってきたアイデアなのか。ボーカルの録音とミックスが良いだけなのか。 ドラマティックなサビで泣かせるまでに至らず、すぐAメロに

シティポップタグの関連楽曲

    検索結果は0件です。他のタグを指定してください。

ブラックミュージックタグの関連楽曲

    検索結果は0件です。他のタグを指定してください。

渋谷系タグの関連楽曲

    検索結果は0件です。他のタグを指定してください。

サブカルタグの関連楽曲

  • セツナ

    サニーデイ・サービス

    曽我部恵一は紛れもないミュージシャンズミュージシャンズだ。先輩後輩問わず他のバンドマンや評論家に、曽我部恵一という人間はあまりに讃えられている。愛されすぎて逆に胡散臭いくらいだ。 同業者に愛されるにはいくつか理由がある。人柄もそうだろう。しかしそれよりも鍵になるのは、同じプロであってもなかなかマネできない、マネしようとしない音楽をやっていることだ。 他のミュージシャンに出来なくて、曽我

  • すなっちゃん・なっぽー

    BELLRING少女ハート

    キャッチーで甘いメロディ。切ないディストーションギター。 それをところどころで、破壊する楽曲構成がすごい。 なんと途中で急にジャズになってしまう。 そのジャズは、取ってつけたような感があるんだけど、取ってつけたような感こそが面白く思えるのはなぜだろう。 結局どこがサビなのかわからなかった。 舌っ足らずなユニゾンが醸し出す素人感。 最後は咳き込んで終わる。 『すなっちゃん・なっぽー

  • 猫とアレルギー

    きのこ帝国

    猫である。そしてきのこである。テレキャスである。 ある種の人間はそれだけで何かに気づく。 あ、これ好きなヤツだ。と。 中堅監督が駆け出しの頃、地味な俳優陣と低予算なロケでとったモノローグの多い邦画。 きのこ帝国の持つ叙情性と、それへの親近感を言葉にするとき私はそれを思い浮かべた。 『猫とアレルギー』は、理性的でしっとりとしたロックバラードだ。 Aメロからいい具合に抑揚がきいたメ

  • ニューロマンサー

    おやすみホログラム

    ウィリアム・ギブスン! 近代的なダンスビートと、キッチュなメロディラインは、そのタイトルに相応しいSF的高揚感に満ちている。 "ありふれた感情の墓場って 全くこんな感じだって" クールに怪しく激走するイントロからのハスキーな歌い出しがむちゃくちゃ格好良い。 ワンコーラス終わった後、自由に展開しはじめる主旋律も、曲の混沌を深め、いい具合にリスナーを迷わせる。 工場?を舞台に撮

line_banner
My Lost City
My Lost City
posted with amazlet at 16.11.20
cero
カクバリズム (2012-10-24)
売り上げランキング: 12,315
Obscure Ride 【通常盤】
Obscure Ride 【通常盤】
posted with amazlet at 16.11.20
cero
カクバリズム (2015-05-27)
売り上げランキング: 3,963
×
  • cero / Summer Soul【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 https://t.co/De2US4eZWD @YouTubeより by @hoshi368death

  • RT @takagikun: ceroが初めてお世話になったレコーディングエンジニアの笹原与志一さん。愛車の日産ラシーンが気取ってなくてカッコよく、その印象が巡り巡ってSummer soulのMVに反映されたんだったかな。。。素人の我々に優しくしていただき、本当にありがとうござ… by @soulflowerunion

  • cero / Summer Soul【OFFICIAL MUSIC VIDEO】 https://t.co/4tpenz113Z @YouTubeより このMV見てると無性に外で散歩したくなる by @eye_sharp

  • 二階堂さんを抜けて大会場に戻るとceroのNemesisリハ。生は数段良い。ユキオさんに勧めてもらわなければ聴いてなかった。summer soulで「ハンドル握って出かければ」のところでボーカルがエアーハンドル握るところだけが個人的に嫌だった。ホント個人的に。 by @FxxKok_city

  • RT @takagikun: ceroが初めてお世話になったレコーディングエンジニアの笹原与志一さん。愛車の日産ラシーンが気取ってなくてカッコよく、その印象が巡り巡ってSummer soulのMVに反映されたんだったかな。。。素人の我々に優しくしていただき、本当にありがとうござ… by @ccccccccepipipi

  • RT @takagikun: ceroが初めてお世話になったレコーディングエンジニアの笹原与志一さん。愛車の日産ラシーンが気取ってなくてカッコよく、その印象が巡り巡ってSummer soulのMVに反映されたんだったかな。。。素人の我々に優しくしていただき、本当にありがとうござ… by @kiri_miro_81W5

  • RT @takagikun: ceroが初めてお世話になったレコーディングエンジニアの笹原与志一さん。愛車の日産ラシーンが気取ってなくてカッコよく、その印象が巡り巡ってSummer soulのMVに反映されたんだったかな。。。素人の我々に優しくしていただき、本当にありがとうござ… by @nicolas_k_g_

  • RT @takagikun: ceroが初めてお世話になったレコーディングエンジニアの笹原与志一さん。愛車の日産ラシーンが気取ってなくてカッコよく、その印象が巡り巡ってSummer soulのMVに反映されたんだったかな。。。素人の我々に優しくしていただき、本当にありがとうござ… by @yshdykhr

  • RT @takagikun: ceroが初めてお世話になったレコーディングエンジニアの笹原与志一さん。愛車の日産ラシーンが気取ってなくてカッコよく、その印象が巡り巡ってSummer soulのMVに反映されたんだったかな。。。素人の我々に優しくしていただき、本当にありがとうござ… by @pmftk919

  • RT @takagikun: ceroが初めてお世話になったレコーディングエンジニアの笹原与志一さん。愛車の日産ラシーンが気取ってなくてカッコよく、その印象が巡り巡ってSummer soulのMVに反映されたんだったかな。。。素人の我々に優しくしていただき、本当にありがとうござ… by @kingoffanjie