ZeroBeat自分でみつける音楽のためのWEBメディア

街が変わる、自己を位置づける

バンドマンのソロを聴くのは好きだ。

その人が、バンドとソロ、公と私をどのように分断するのか。
その境目をどの地点に置くか。音なのか、歌詞なのか。仕事と趣味なのか。
一番好きなジャンルと、二番目に好きなジャンルなのか。
それまでのバンド作品では、プライベートな音楽を鳴らしていたのか。
そうではなかったのか。
ソロ作品をリリースするとたくさんのことが見えてくる。


『Good New Times』は、一聴して良い曲だ。
ロックのうるさい感じそのものが苦手な人に聴いてほしい。
穏やかで、ちょっとオシャレで、耳に馴染む。休日にカフェにでも出かけたくなる。
特に音楽好きでない人が音楽に求める素材でつくられた、生活に寄り添ってくれる音楽だ。

気持ちよく張る声や軽快なリズムに、健康にソロ作品に取り組もうとしている姿勢がうかがえる。
アジカンという足場を持った大人の余裕が小気味良い。
そういうときに出てくる音楽は好きだ。
聴き手にも余裕を与えてくれる。


軽快なアコギのリズムは、アジカンのイメージとは大きくことなる。
意外とベースがゴリゴリいっている他に、気づくことがひとつあるだろう。

言葉だ。
むき出しの言葉がたくさん詰め込まれている。
この軽やかな曲によくこれだけの言葉を乗せた。
いや、ここはちょっと疑ってかかりたい。
この曲は、沢山の言葉をむき出しにすることを目的としてつくられているのではないか。



後藤正文を語るときに、政治的であろうとする近年のキャラクターを無視することはできないだろう。
指摘しておくべきなのは、その時代性だ。
かつて、ロックミュージシャンが政治的であることは、普通のことであった。
Bob DylanもSex PistolsもBeatlesも何かしらの政治的事件性を内包していた。
簡単な話で、それは時代が持つ一体感だったのだ。
小さな波が大きな波になるのに丁度良い情報の伝達速度が、20世紀のある時代にだけ存在していた。
それがロック誕生から全盛への歴史と、キレイに連動していた。
その意味では、ロックはメディアの音楽だと言える。

話を戻そう。
今のロックミュージシャンは政治的でないのが普通である。
なぜなら、もはや波は大きくならず、音楽と政治には何のつながりも無いからである。
それは悲しいことではない。音楽も政治も繋がってしまっていたあの時代こそがイレギュラーだったからだ。
それでは後藤正文は、こんな時代に、まだ音楽と政治の結合力を信じている脳天気な人間なのか。
その類の勘違いはとても多いが、もちろん、それは違う。
後藤正文が政治的であることと、かつてのロックミュージシャンが政治的であったことは、意味が違う。



『Good New Times』で執拗に「街」のモチーフが登場する。


"僕らの魂を街頭に飛び出して書きつけてまわるんだぜ"

"見慣れたビルの最上階から悲しみが滝のようだね"

"少女が泣いていた 街は灰色のままさ
若者は嘆いていた 街は灰色のままだ"

"花を植えよう そこら中に
種を蒔こうか 街中に
いつかきっと目に見えるように変わるから"


街は「悲しみが滝のよう」な場所であり「灰色」だった。
それを「魂を書きつけ」「花を植え」「種を蒔く」ことで変える。
街が変わる。それは随分と特殊なコンセプトではないか。都市開発じゃないんだから。


仮説から入ろう。
後藤正文の政治とは、世界を変えるための政治ではなく、政治を変えるための政治ではなく、自己を位置づけるための政治である。
『Good New Times』では、街の中に自己を位置づけるという作業が行われている。
僕ら、は実家に位置づけられているところからはじまる。


"実家だけがシェルター"


そして「魂を書きつけ」「花を植え」「種を蒔く」ことで自己を街に位置づけていく。
これらの作業はマーキング行為そのものだ。
マーキングとは居場所へのモチベーションである。

実家で「ジャック・ケルアック」を読んで感動していることと、その感動をポケットに街に出ること。
その違いが後藤正文の政治である。だから彼の活動は言葉を変えてメディアを変えて私たちを行動へと啓蒙する。
それは、デモに行け、といった簡単な意味ではない。
行動によって、街に出ることによって、個人の中で街は具体的なイメージをなす。
そうして初めて、人は自己を位置づけられるようになる。
これは特別な話ではない。だれだって行きていく上で自己の位置づけを必要とし、それは自己の外があって初めて行われる。

その、あたり前だけど困難な試みを、政治的なことだと捉えること。そのために街が私たちには必要であること。それが後藤正文の立場だ。街の中に自己が位置づけられることは、自己にとってだけでなく街にとっても意味がある。物理的にも精神的にも、自己がアドインされることにより、街が変わるからだ。音楽は政治を変えないけど、街は政治を変えるかもしれない。音楽は街を変えないけど、音楽は自己を変える。
( Written Dec 25, 2016 )

この曲をバトンタッチするTwitterアカウントを入力して、この曲をヘッダーで紹介しましょう。
@

Written by 管理人

https://twitter.com/ZeroBeat_BOT

管理人。旅とビールが好きなゆとり世代

Jポップタグの関連楽曲

  • Be Noble

    ぼくのりりっくのぼうよみ

    音楽業界という謎の機関による絶賛を除いて、「ぼくのりりっくのぼうよみ」が絶賛されているところを見たことがない。 いきなり口がわるく申し訳ないがぼくはそう思う。 ただ、ぼくにとって音楽業界という謎の機関は、芸能関係者という謎の関係者と同じくらい情報に通じているという認識なので、ぼくは絶大な信頼を置いている。 だから、ぼくは「ぼくのりりっくのぼうよみ」を全面的に信頼している。もしも「ぼく

  • ソレデモシタイ

    平井 堅

    平井堅がただ顔の濃いだけのボーカリストでないことは、きっとそれなりに知られている。純粋なる歌唱技術はもちろんのこと、味わいという意味でのボーカルワークも、サウンドメイカーとしてのバリエーションも、そしてチャーミングなユーモアも、ファン以外にも広く認知され、リスペクトを込めてあたたかくその活動が受け入れられている。 平井堅のそういった多様な側面の中でも、彼の存在感を一際輝かせている要素が、性へ

  • ハッピーエンド

    back number

    Mr.Children、コブクロ。 わかる。わかるよ、清水依与吏。 back numberが先達から非常に強い影響を受けているのがわかる。 いや、影響という言い方は間違っているかもしれない。 それは、遺伝に近い。 ハッピーエンドは、ドラマティックなバラードである。 他のback numberのバラードと同じように。 日本人好みのメロディライン、切ない恋心の歌詞。 ストリング

  • スポーティパーティ

    ウルフルズ

    つくづくバンドはボーカルが持っていくのだなと思う。 このバンド。年季の入った本格ファンクサウンドなのに、トータス松本に華がありすぎて損してる。 リフレインする"スポーティパーティ"のバックトラックのリフを聴いて欲しい。 なんてダーティーなんだろう。 単体でも成立するほどに太く、確実に前進する立体的なドラム。 そのドラム戦車をこれまたごんぶとの手綱で後ろにひっぱってしまうベース。 そ

  • 恋をしたのは

    aiko

    aikoはメロディとコードが面白い。 それはよく言われていることだ。 『恋をしたのは』はコンセプチュアルなロングトーンや、イレギュラーな展開を取り入れた曲だ。一度きりの大サビのために、aikoは確信犯的に楽曲をセーブしている。遊んでいるなあと思う。曲で。とても実験的な曲だが、それをポップスとして組み立てる接着剤になっているのは、変幻自在なコード感とそれに溶け込んだメロディだ。aikoのメロ

  • 最高なしあわせ

    加藤ミリヤ

    サビの出だしが、「最高なしあわせ」ではじまる。その譜割りがとても良い。 「し」と「あ」が繋がって発音される様がとても洋楽的である。 奇抜一歩手前まで攻めるファッションからして、そんじゃそこらの可愛いだけの女とは違う、というパッションが伝わってくるだけあって、『最高のしあわせ』のようなバラードであっても、お茶の間のテレビには似合わさない大人っぽいアレンジである。 この世界には、加藤ミリ

  • 最&高

    きゃりーぱみゅぱみゅ

    楽しいながらも落ち着きのある普通に良い曲。サビは「さぁいえんこぅ!」の語感一発で、こてこてになりがちなジャンルの中で逆に整然としたものを感じる。青文字系という文脈抜きにきゃりーぱみゅぱみゅは語れないが、この曲では"泣かない負けないうろたえない 宴会じみてる毎日に"という歌詞にその世界観がギュウギュウに詰まっている。 ゴールを設定しそこに積み上げる毎日を丁寧に暮らすのではなく、宴会じみてる毎日

邦楽ロックタグの関連楽曲

  • ランアンドラン

    KANA-BOON

    若手正統派ロックバンドの大本命としてここ数年認知されているが、その原型は言われるほど「正統派」では無かった気がする。百歩譲ってイケメンでないことは置いておくとしても、谷口鮪の声には独特のねちっこさがあったし、楽曲もポップではあるが日本人好みの泣きメロは比較的少なかった。古賀隼斗のギターはまあまあ主張が強かったし。2013年のサマソニを見た時点で、ロックバンドらしさは抜群だったが、大衆の心を掴むなら

  • ハッピーエンド

    back number

    Mr.Children、コブクロ。 わかる。わかるよ、清水依与吏。 back numberが先達から非常に強い影響を受けているのがわかる。 いや、影響という言い方は間違っているかもしれない。 それは、遺伝に近い。 ハッピーエンドは、ドラマティックなバラードである。 他のback numberのバラードと同じように。 日本人好みのメロディライン、切ない恋心の歌詞。 ストリング

  • めぐり逢えたら

    おとぎ話

    古い家具のようなギターの音色でドリーミーなアルペジオを組み立てる。 最後まで厚くならない音像に、盛り上がりに欠ける空虚なメロディが滑っていく。 独特な音楽は多々あれど、その独特さのベクトルにおいて有識者が認知できないような角度で『めぐり逢えたら』を繰り出すおとぎ話は、損極まりない。 新しいジャンルとの融合や、時代のアーキテクチャの有効活用は本当のところオリジナルでもなんでもない。進んでいる時

  • Swan

    [Alexandros]

    なんでこんなに顔がかっこいいのか、という疑問に対して誰も何も答えてくれないバンドナンバーワン。 曲もかっこいい。電子ビートとフェイザー?感のある揺らしたボーカルによる淡々とした始まりからして、新参者のパブリックイメージの外側から攻めてくる。この感触はどこから引っ張ってきたアイデアなのか。ボーカルの録音とミックスが良いだけなのか。 ドラマティックなサビで泣かせるまでに至らず、すぐAメロに

  • Summer Soul

    cero

    上質だ。これぞ真の音楽好きが真の音楽好きに自信をもってレコメンドできる最高に上質でソフィスティケートされたジャンル越境ポップロックミュージックだ。 ベースが良い。 超聴こえる。 ベースを聴かせるバンドは大抵良いバンドだ。 ドラムが良い。 タムで刻み、金物をキーボードのように聴かせるバンドは大抵良いバンドだ。 テクニカルなのに、編曲に嫌味がない。 こういうのをズルいと言う。

  • 猫とアレルギー

    きのこ帝国

    猫である。そしてきのこである。テレキャスである。 ある種の人間はそれだけで何かに気づく。 あ、これ好きなヤツだ。と。 中堅監督が駆け出しの頃、地味な俳優陣と低予算なロケでとったモノローグの多い邦画。 きのこ帝国の持つ叙情性と、それへの親近感を言葉にするとき私はそれを思い浮かべた。 『猫とアレルギー』は、理性的でしっとりとしたロックバラードだ。 Aメロからいい具合に抑揚がきいたメ

  • セツナ

    サニーデイ・サービス

    曽我部恵一は紛れもないミュージシャンズミュージシャンズだ。先輩後輩問わず他のバンドマンや評論家に、曽我部恵一という人間はあまりに讃えられている。愛されすぎて逆に胡散臭いくらいだ。 同業者に愛されるにはいくつか理由がある。人柄もそうだろう。しかしそれよりも鍵になるのは、同じプロであってもなかなかマネできない、マネしようとしない音楽をやっていることだ。 他のミュージシャンに出来なくて、曽我

ギターロックタグの関連楽曲

  • ランアンドラン

    KANA-BOON

    若手正統派ロックバンドの大本命としてここ数年認知されているが、その原型は言われるほど「正統派」では無かった気がする。百歩譲ってイケメンでないことは置いておくとしても、谷口鮪の声には独特のねちっこさがあったし、楽曲もポップではあるが日本人好みの泣きメロは比較的少なかった。古賀隼斗のギターはまあまあ主張が強かったし。2013年のサマソニを見た時点で、ロックバンドらしさは抜群だったが、大衆の心を掴むなら

  • Fall

    told

    「最近の若手には骨のあるやるがいないんです」 「あんたは春になるといつもそう言うな。新入りってのはな、朝顔みたいなものなんだよ」 「アサガオ?」 「ああ。アサガオだ。芽が出るまではとにかく水をやることだけ考えていれば良い。支柱をたててこっちが望む方向にツルを巻いてもらうのはそのあとの話だ」 「なるほど。おやじさんの言うことはやはり含蓄が違う」 「お代はまけないよ」 「わかってますって。

  • Ice Candy

    カフカ

    IceCandy、良いギターロックである。 突風のように蒼い轟音と疾走感。歌詞の断片のブライトな響き。 歪んだシングルコイル、ディレイ。気持ち良い。 ときは2000年代前半。 私たち日本生まれのゆとり第一世代は思春期に差し掛かり、ある遺伝子変革に遭遇したのだと思う。 ギターロックという本能の誕生である。 禁断の果実はBUMP OF CHICKENだったのだろうか。 あるい

バンドマンのソロタグの関連楽曲

  • 8 BEATのシルエット

    布袋寅泰

    ロンドンでの数年間を経て、原点に戻ったかのようなオリエンタルなパワーポップ。きっかり8分音符のギラついた単音リフから始まり、ミュート、カッティング、歪んだオブリガードを駆使し、ソウルなコーラスで徐々に高まっていき、歌謡メロディのサビで開放。自由気ままにやった結果このポップな形になっているようであることが、なにより健康的でうらやましい。ギターソロではテンポチェンジなど一工夫凝らしているが、それもまた

line_banner
Good New Times
Good New Times
posted with amazlet at 16.12.25
Gotch
only in dreams (2016-07-13)
売り上げランキング: 7,712
Can’t Be Forever Young
Can’t Be Forever Young
posted with amazlet at 16.12.25
Gotch
only in dreams (2014-04-30)
売り上げランキング: 23,967
何度でもオールライトと歌え
後藤正文
ミシマ社
売り上げランキング: 34,903
オン・ザ・ロード (河出文庫)
ジャック・ケルアック
河出書房新社
売り上げランキング: 13,814
×
  • 君が閉ざす窓 今夜も誰かが叩くだろう 抜け出してハグしよう どこへも行けるさ 旅が始まるさ ボーダーラインはどこだろう 飛び越えてしまえよ 準備なんてしなくても いいんだよ ほらまだ ねぇ [Good New Times] #Gotch by @AKGotchsongs

  • ジャケット [Good New Times] https://t.co/KhAbB7uzWx #Gotch by @AKGotchsongs

  • 昨夜は、アジカンの後藤さんのソロ"Gotch & The Good New Times 2016ツアー"で渋谷 TSUTAYA O-EASTへ。 いい音楽と少しのお酒。 愛と優しさと大人の余裕。 いい色気が心地よかったです。 アジ… https://t.co/HsiEqHTcMC by @okareibot

  • だからGotchは!!英語で!!歌うな!!💢って思いながら聞いてて最後ににっこりした😊やっぱWonderlandとかGood New TimesとかTaxi Driverが好きなので… by @izuko404

  • これだ。ちょー懐かしい!RT Gotch 『Good New Times』Music Video https://t.co/Omc4oAd4LP @YouTubeより by @allat_sc

  • 君が閉ざす窓 今夜も誰かが叩くだろう 抜け出してハグしよう どこへも行けるさ 旅が始まるさ ボーダーラインはどこだろう 飛び越えてしまえよ 準備なんてしなくても いいんだよ ほらまだ ねぇ [Good New Times] #Gotch by @AKGotchsongs

  • ジャケット [Good New Times] https://t.co/KhAbB7uzWx #Gotch by @AKGotchsongs

  • RT @hirono_akg: アジカン妄想駅メロシリーズ番外編 Gotch(後藤正文)「Good New Times」発車メロディ風アレンジ ~若干京急意識編~ https://t.co/RepY0CTFVV by @hirono_akg

  • 君が閉ざす窓 今夜も誰かが叩くだろう 抜け出してハグしよう どこへも行けるさ 旅が始まるさ ボーダーラインはどこだろう 飛び越えてしまえよ 準備なんてしなくても いいんだよ ほらまだ ねぇ [Good New Times] #Gotch by @AKGotchsongs

  • ジャケット [Good New Times] https://t.co/KhAbB7uzWx #Gotch by @AKGotchsongs